ブンデスリーガ

FCバイエルン・ミュンヘン 2022-2023【選手一覧・フォーメーション・スタメン】

CLでは伏兵ビジャレアルに不覚を取ったものの、対抗馬不在のリーグ戦は前人未踏の10連覇を達成。

主砲レバンドフスキの移籍も決まり、戦術家ナーゲルスマンの手腕が、より一層問われるシーズンとなる、ブンデスリーガ「FCバイエルン・ミュンヘン」のチーム紹介です。

  • スタジアム・監督などのクラブデータ
  • 選手一覧(登録メンバー)
  • 基本フォーメーション(スタメン)
  • 2022/2023シーズンの移籍市場
  • チームのキープレイヤー+今季注目の若手
  • チーム内ランキング

これら気になる情報を大公開!ブンデスリーガ好きの方必見の内容になっています。

バイエルン / クラブデータ

クラブ FC バイエルン・ミュンヘン
(FC Bayern München)
創設 1900年
ホームタウン ミュンヘン
(人口:1,456,000人)
スタジアム アリアンツ・アレーナ
(Allianz Arena)
収容人数 75,021人
監督 ユリアン・ナーゲルスマン
(Julian Nagelsmann)
平均年齢 25.5歳
市場価格 8億4,653万€
公式サイト
SNS
    

 

バイエルン2022-2023 / 選手一覧

選手名 背番号 POS 国籍・代表 生年月日 身長・体重 昨シーズン成績(所属チーム) 備考
マヌエル・ノイアー (C)
(Manuel Neuer)
1 GK 🇩🇪 ドイツ代表 1986年3月27日 193cm・93kg 28試合・0得点
スベン・ウルライヒ
(Sven Ulreich)
26 GK 🇩🇪 元ドイツ代表 1988年8月3日 192cm・87kg 6試合・0得点
マタイス・デリフト
(Matthijs de Ligt)
4 CB 🇳🇱 オランダ代表 1999年8月12日 189cm・90kg 31試合・3得点
(ユベントス/ITA)
新加入
リュカ・エルナンデス
(Lucas Hernández)
21 CB 🇫🇷 フランス代表 1996年2月14日 184cm・79kg 25試合・0得点
ダヨ・ウパメカノ
(Dayot Upamecano)
2 CB 🇫🇷 フランス代表 1998年10月27日 186cm・90kg 28試合・1得点
ベンジャミン・パバール
(Benjamin Pavard)
5 RSB 🇫🇷 フランス代表 1996年3月28日 186cm・81kg 25試合・0得点
ヌサイル・マズラウィ
(Noussair Mazraoui)
40 RSB 🇲🇦 モロッコ代表 1997年11月14日 183cm・73kg 25試合・5得点
(アヤックス/NED)
新加入
ヨシプ・スタニシッチ
(Josip Stanisic)
44 RSB 🇭🇷 クロアチア代表 2000年4月2日 186cm・77kg 13試合・1得点
アルフォンソ・デイビス
(Alphonso Davies)
19 LSB 🇨🇦 カナダ代表 2000年11月2日 183cm・75kg 22試合・0得点
ジョシュア・キミッヒ
(Joshua Kimmich)
6 CM 🇩🇪 ドイツ代表 1995年2月8日 177cm・75kg 28試合・3得点
レオン・ゴレツカ
(Leon Goretzka)
8 CM 🇩🇪 ドイツ代表 1995年2月6日 189cm・82kg 19試合・3得点
ライアン・フラーフェンベルフ
(Ryan Gravenberch)
38 CM 🇳🇱 オランダ代表 2002年5月16日 190cm・79kg 30試合・2得点
(アヤックス/NED)
新加入
マルセル・ザビツァー
(Marcel Sabitzer)
18 CM 🇦🇹 オーストリア代表 1994年3月17日 178cm・76kg 25試合・1得点
ブナ・サール
(Bouna Sarr)
20 RM 🇸🇳 セネガル代表 1992年1月31日 177cm・69kg 5試合・0得点
ジャマル・ムシアラ
(Jamal Musiala)
42 AM 🇩🇪 ドイツ代表 2003年2月26日 180cm・68kg 30試合・5得点
パウル・ヴァナー
(Paul Wanner)
14 AM 🇩🇪 U-17ドイツ代表 2005年12月23日 186cm・72kg 4試合・0得点
セルジュ・ニャブリ
(Serge Gnabry)
7 RW 🇩🇪 ドイツ代表 1995年7月14日 176cm・77kg 34試合・14得点
キングスレイ・コマン
(Kingsley Coman)
11 RW 🇫🇷 フランス代表 1996年6月13日 180cm・76kg 21試合・6得点
サディオ・マネ
(Sadio Mané)
17 LW 🇸🇳 セネガル代表 1992年4月10日 175cm・69kg 34試合・16得点
(リバプール/ENG)
新加入
リロイ・ザネ
(Leroy Sané)
10 LW 🇩🇪 ドイツ代表 1996年1月11日 183cm・80kg 32試合・7得点
トーマス・ミュラー
(Thomas Müller)
25 CF 🇩🇪 ドイツ代表 1989年9月13日 185cm・76kg 32試合・8得点
マキシム・シュポ=モティング
(Maxim Choupo-Moting)
13 CF 🇨🇲 カメルーン代表 1989年3月23日 191cm・90kg 20試合・4得点
マティス・テル
(Mathys Tel)
39 CF 🇫🇷 U-18フランス代表 2005年4月27日 183cm・75kg 7試合・0得点
(レンヌ/FRA)
新加入

 

移籍市場|2022/2023シーズン夏

移籍IN
PO 選手名 クラブ
DF マタイス・デリフト ←ユベントス/ITA
  ヌサイル・マズラウィ ←アヤックス/NED
MF ライアン・フラーフェンベルフ ←アヤックス/NED
FW サディオ・マネ ←リバプール/ENG
  マティス・テル ←レンヌ/FRA

 

移籍OUT
PO 選手名 クラブ
GK クリスティアン・フリュヒトル →オーストリア・ウィーン/AUT
DF ニクラス・ジューレ →ドルトムント
  タンギ・ニアンズ →セビージャ/SPA
  オマー・リチャーズ →ノッティンガム・F/ENG
MF コランタン・トリソ →リヨン/FRA
  マルク・ロカ →リーズ/ENG
  マリク・ティルマン →レンジャーズ/SCO
FW ロベルト・レバンドフスキ →バルセロナ/SPA
  ガブリエル・ヴィドビッチ →フィテッセ/NED

 

ユース(下部組織)出身のスター選手はこちら↓

バイエルン・ユース(下部組織)出身の名手たち各チームの下部組織で育った名選手を年代順に紹介していくこのシリーズ。今回は、ベッケンバウアーからザークツィーまで、いつの時代も好タレントを輩出し続けているバイエルンユース出身の名手たち。懐かしの選手からニューカマーまで、クラブの歴史を順を追って振り返っていきましょう。...

 

バイエルン2022-2023 / フォーメーション(スタメン)

基本フォーメーション

バイエルン22-23開幕直後のフォーメーション(スタメン)

 

21/22リーグ戦使用フォーメーション

4-2-3-1
20試合:14勝4分2敗/64得点・17失点
3-4-2-1
12試合:10勝1分1敗/30得点・13失点
4-3-3
2試合:0勝0分2敗/3得点・7失点

 

過去のフォーメーション(スタメン)はこちら

バイエルン・ミュンヘンの歴代フォーメーション・成績【1965〜2020】ライバルのドルトムントに連覇されて以降、2012/13シーズンから前人未到の8連覇!圧倒的強さでブンデスリーガを牽引してきたドイツの雄「バイエルン・ミュンヘン」の2010年代を歴代フォーメーション・成績で振り返っていきます。...

 

 

バイエルン22-23のキープレイヤー

サディオ・マネ|セネガル代表

 

プロフィール

サディオ・マネ
(Sadio Mané)
生年月日:1992年4月10日
身長/体重:175cm・69kg
ポジション:LW / CF
利き足:右足
代表:セネガル代表
21/22シーズン成績
34試合・16得点
(リバプール/ENG)
推定市場価格:6,000万€

ブンデス初挑戦の超ワールドクラス

スペイン行きを決めたレバンドフスキの後釜に選ばれた、プレミアリーグ通算111ゴールの超ワールドクラス。

エリア内でこそ力を発揮する前任者と違い、爆発的な加速力で勝負するタイプだが、得点力・アシスト力ともに世界最高峰にあり、万能性では一枚上手だ。

ブンデス通算312得点を決めた点取り屋の穴埋めは容易ではないものの、昨季のように偽9番で機能すれば、バイエルン攻撃陣に新風を吹き込むことができるはずだ。

トーマス・ミュラー|ドイツ代表

 

プロフィール

トーマス・ミュラー
(Thomas Müller)
生年月日:1989年9月13日
身長/体重:186cm・75kg
ポジション:AM / CF
利き足:右足
代表:ドイツ代表
21/22シーズン成績
32試合・8得点
推定市場価格:2,200万€

攻守を繋ぐ名リンクマン

出場数634試合はクラブ史上2位。デビュー以降バイエルン一筋を貫くバンディエラ。

神出鬼没のシャドーストライカーから、最前線へと繋ぐリンクマンに進化を遂げ、3年連続のリーグアシスト王を獲得した。

阿吽の呼吸をみせたレバンドフスキは去ったが、スピード豊かなアタッカー陣たちを操るキーマンであることに変わりはない。

ジョシュア・キミッヒ|ドイツ代表

 

プロフィール

ジョシュア・キミッヒ
(Joshua Kimmich)
生年月日:1995年2月8日
身長/体重:176cm・73kg
ポジション:CM / RSB
利き足:右足
代表:ドイツ代表
21/22シーズン成績
28試合・3得点
推定市場価格:8,000万€

バイエルンの頭脳

バイエルンの頭脳として、リーダーとして、欠かすことができないチームの大黒柱。

昨シーズンも、ほぼすべての攻撃に関与しながら2年連続の二桁アシストと、数字面でも大車輪の活躍をみせた。

「サイドバックでもセントラルMFでもワールドクラス」という指揮官の言葉が、彼の重要さと偉大さを物語っている。

 

22-23のバイエルンはこの若手に注目!

ライアン・フラーフェンベルフ|オランダ代表

 

プロフィール

ライアン・フラーフェンベルフ
(Ryan Gravenberch)
生年月日:2002年5月16日
身長/体重:190cm・79kg
ポジション:CM
利き足:右足
代表:オランダ代表
21/22シーズン成績
30試合・2得点
(アヤックス/NED)
推定市場価格:3,500万€

オランダ版ポグバ

プレースタイルや風貌から"オランダ版ポグバ"の異名を持つ新星が、移籍金1,900万€でドイツの絶対王者へ。

攻守あらゆるシーンに顔を出すボックス・トゥ・ボックス型で、20歳ながらEUROに出場するなど国際経験も豊富だ。

才能はピカイチとはいえ、メガクラブでスタメンを確保するためには、もう一回りスケールアップが必要。特に攻撃面の改善は必須だ。

 

バイエルン2021-2022 / チーム内ランキング

※参考:Who Scored

ブンデスリーガ21/22ゴール数

1 ロベルト・レバンドフスキ 35
2 セルジュ・ニャブリ 14
3 トーマス・ミュラー 8
4 リロイ・ザネ 7
5 キングスレイ・コマン 6

 

ブンデスリーガ21/22アシスト数

1 トーマス・ミュラー 18
2 ジョシュア・キミッヒ 11
3 リロイ・ザネ 7
4 ダヨ・ウパメカノ 6
5 セルジュ・ニャブリ 5

 

ブンデスリーガ21/22パス成功率

1 ニクラス・ジューレ 90.1%
1 ダヨ・ウパメカノ 90.1%
3 リュカ・エルナンデス 89.6%
4 ベンジャミン・パバール 88.1%
5 ジョシュア・キミッヒ 88.0%

 

ブンデスリーガ21/22出場試合時間

1 ロベルト・レバンドフスキ 2,952
2 トーマス・ミュラー 2,578
3 マヌエル・ノイアー 2,511
4 ジョシュア・キミッヒ 2,478
5 ダヨ・ウパメカノ 2,210

 

ブンデスリーガ21/22評価点

1 ロベルト・レバンドフスキ 7.89
2 ジョシュア・キミッヒ 7.60
3 トーマス・ミュラー 7.34
4 アルフォンソ・デイビス 7.31
5 セルジュ・ニャブリ 7.30

 

推定市場価格ランキング

1 ジョシュア・キミッヒ 8.000万€
2 サディオ・マネ 7,000万€
2 アルフォンソ・デイビス 7,000万€
2 マタイス・デリフト 7,000万€
5 セルジュ・ニャブリ 6,500万€

 

【FIFA22】能力値ランキング

1 マヌエル・ノイアー 90
2 サディオ・マネ 89
2 ジョシュア・キミッヒ 89
4 レオン・ゴレツカ 88
5 トーマス・ミュラー 87

 

 

ブンデスリーガ全18クラブの選手一覧はこちら

当サイトでは、バイエルン・ミュンヘンを含むブンデスリーガ全18クラブのメンバーリストを紹介しています。

その他のクラブはこちらからチェックしてみてください。↓

サッカー・ブンデスリーガ 2022-2023【全18チーム選手一覧】ブンデスリーガ2022-2023シーズン全18チームの選手一覧です。スタジアム・監督などのクラブデータ・選手一覧(登録メンバー)・基本フォーメーション(スタメン)・2022/2023シーズンの移籍市場・チームのキーマン3選手+注目の若手・チーム内ランキングなど、各クラブの情報を掲載しています。...