ブンデスリーガ

TSG1899ホッフェンハイム 2021-2022【選手一覧・フォーメーション・スタメン】

戦力を考えると11位という成績は決して良くはないものの、上位陣と互角に渡り合うなど、試合内容は悪くなかった。

へーネス監督の戦術が浸透してきた今季は上位進出も期待できる、ブンデスリーガ「TSG1899ホッフェンハイム」のチーム紹介です。

  • スタジアム・監督などのクラブデータ
  • 選手一覧(登録メンバー)
  • 基本フォーメーション(スタメン)
  • 2021/2022シーズンの移籍市場
  • チームのキーマン3選手+今季注目の若手
  • チーム内ランキング

これら気になる情報を大公開!ブンデスリーガ好きの方必見の内容になっています。

ホッフェンハイム / クラブデータ

クラブ TSG1899ホッフェンハイム
(TSG1899 Hoffenheim)
創設 1899年
ホームタウン ホッフェンハイム(人口:3,300人)
スタジアム ライン=ネッカー・アレーナ
(Rhein-Neckar-Arena)
収容人数 30,150人
監督 セバスティアン・ヘーネス
(Sebastian Hoeneß)
平均年齢 25.7歳
市場価格 2億0,228万€
公式サイト     

 

ホッフェンハイム2021-2022 / 選手一覧

選手名 背番号 POS 国籍・代表 生年月日 身長・体重 昨シーズン成績(所属チーム) 備考
オリバー・バウマン
(Oliver Baumann)
1 GK 🇩🇪 ドイツ代表 1990年6月2日 187cm・82kg 31試合・0得点
フィリップ・ペントケ
(Philipp Pentke)
12 GK 🇩🇪 ドイツ 1985年5月1日 191cm・84kg 3試合・0得点
ルカ・フィリップ
(Luca Philipp)
37 GK 🇩🇪 U-21ドイツ代表 2000年11月28日 192cm・83kg 0試合・0得点
シュテファン・ポシュ
(Stefan Posch)
38 CB 🇦🇹 オーストリア代表 1997年5月14日 188cm・82kg 26試合・0得点
クリス・リチャーズ
(Chris Richards)
28 CB 🇺🇸 アメリカ代表 2000年3月28日 188cm・82kg 11試合・0得点
ケビン・アクポグマ
(Kevin Akpoguma)
25 CB 🇳🇬 ナイジェリア代表 1995年4月19日 192cm・85kg 16試合・1得点
ケビン・フォクト
(Kevin Vogt)
22 CB 🇩🇪 元U-21ドイツ代表 1991年9月23日 194cm・85kg 24試合・0得点
カシム・アダムス
(Kasim Adams)
15 CB 🇬🇭 ガーナ代表 1995年6月22日 190cm・86kg 12試合・0得点
エルミン・ビチャクチッチ
(Ermin Bicakcic)
4 CB 🇧🇦 ボスニア・ヘルツェゴビナ代表 1990年1月24日 185cm・85kg 2試合・1得点
ホーバル・ノルトベイト
(Havard Nordtveit)
6 CB 🇳🇴 ノルウェー代表 1990年6月21日 188cm・83kg 12試合・0得点
ベンジャミン・ヒュブナー (C)
(Benjamin Hübner)
21 CB 🇩🇪 ドイツ 1989年7月4日 193cm・86kg 0試合・0得点
パベル・カデジャーベク
(Pavel Kaderabek)
3 RSB 🇨🇿 チェコ代表 1992年4月25日 182cm・81kg 20試合・0得点
ヨシュア・ブレネト
(Joshua Brenet)
2 RSB 🇳🇱 元オランダ代表 1994年3月20日 181cm・74kg 1試合・0得点
ダビド・ラウム
(David Raum)
17 LSB 🇩🇪 ドイツ代表 1998年4月22日 180cm・75kg 34試合・1得点
(グロイター・フュルト)
新加入
フロリアン・グリリチュ
(Florian Grillitsch)
11 CM 🇦🇹 オーストリア代表 1995年8月7日 187cm・77kg 26試合・2得点
ディアディエ・サマセク
(Diadie Samassékou)
18 CM 🇲🇱 マリ代表 1996年1月11日 177cm・68kg 31試合・0得点
デニス・ガイガー
(Dennis Geiger)
8 CM 🇩🇪 U-21ドイツ代表 1998年6月10日 173cm・65kg 9試合・1得点
セバスチャン・ルディ
(Sebastian Rudy)
16 CM 🇩🇪 ドイツ代表 1990年2月28日 180cm・74kg 25試合・1得点
アンジェロ・スティラー
(Angelo Stiller)
13 CM 🇩🇪 U-20ドイツ代表 2001年4月4日 183cm・79kg 33試合・1得点
(バイエルンII/3部)
新加入
マルコ・ジョン
(Marco John)
30 LM 🇩🇪 U-21ドイツ代表 2002年4月2日 182cm・73kg 14試合・0得点
クリストフ・バウムガルトナー
(Christoph Baumgartner)
14 AM 🇦🇹 オーストリア代表 1999年8月1日 180cm・71kg 31試合・6得点
ミヤト・ガチノビッチ
(Mijat Gacinovic)
20 AM 🇷🇸 セルビア代表 1995年2月8日 175cm・66kg 23試合・0得点
イラス・ベブ
(Ihlas Bebou)
9 RW 🇹🇬 トーゴ代表 1994年4月23日 183cm・72kg 32試合・9得点
ロベルト・スコフ
(Robert Skov)
29 RW 🇩🇰 デンマーク代表 1996年5月20日 185cm・78kg 23試合・1得点
ヤコブ・ブルーン・ラーセン
(Jacob Bruun Larsen)
7 LW 🇩🇰 デンマーク代表 1998年9月19日 183cm・75kg 9試合・0得点
(アンデルレヒト/BEL)
復帰
アンドレイ・クラマリッチ
(Andrej Kramaric)
27 CF 🇭🇷 クロアチア代表 1991年6月19日 177cm・73kg 28試合・20得点
ムナス・ダブール
(Munas Dabbur)
10 CF 🇮🇱 イスラエル代表 1992年5月14日 182cm・76kg 22試合・4得点
サルギス・アダムヤン
(Sargis Adamyan)
23 CF 🇦🇲 アルメニア代表 1993年5月23日 184cm・78kg 18試合・2得点
ジョルジニオ・リュテール
(Georginio Rutter)
33 CF 🇫🇷 U-20フランス代表 2002年4月20日 182cm・77kg 9試合・1得点

 

移籍市場|2021/2022シーズン冬

移籍IN

移籍OUT

▼DF
メライロ・ボハルデ(→フローニンヘン/NED)

 

ホッフェンハイム2021-2022 / フォーメーション(スタメン)

基本フォーメーション

ホッフェンハイム21-22開幕直後のフォーメーション(スタメン)

 

20/21リーグ戦使用フォーメーション

3-4-1-2
14試合:5勝4分5敗/22得点・19失点
4-2-3-1
10試合:4勝3分3敗/14得点・13失点
3-1-4-2
5試合:0勝1分4敗/6得点・14失点
4-3-1-2
3試合:1勝1分1敗/5得点・6失点
3-4-2-1
2試合:1勝1分0敗/5得点・2失点

 

2010〜2019年までのフォーメーション(スタメン)はこちら

ホッフェンハイムの歴代フォーメーション・成績【2010〜2019】人口わずか3,000人ほどの小さな村のクラブが、1部に定着しヨーロッパカップ出場権を争うチームへと成長。この10年でフィルミーノ、ジューレら多くのビッグネームも輩出した「ホッフェンハイム」の2010年代を布陣・成績で振り返っていきます。...

 

ホッフェンハイムのキーマン3選手

アンドレイ・クラマリッチ|クロアチア代表

 

プロフィール

アンドレイ・クラマリッチ
(Andrej Kramaric)
生年月日:1991年6月19日
身長/体重:177cm・73kg
ポジション:CF / LW
利き足:右足
代表:クロアチア代表
20/21シーズン成績
28試合・20得点
推定市場価格:2,300万€

ホッフェンハイム史に残る大エース

レバンドフスキ、ハーランドにも匹敵する決定力で、ゴールを量産する大エース。

クラブ歴代最多ゴール記録を持つホッフェンハイム史に残る名手で、通算100ゴール超えも目の前に迫っている。

今季は、ここまでリーグトップの6アシストとチャンスメイクでの貢献が目立っており、さらに株を上げた印象だ。

クリストフ・バウムガルトナー|オーストリア代表

 

プロフィール

クリストフ・バウムガルトナー
(Christoph Baumgartner)
生年月日:1999年8月1日
身長/体重:180cm・71kg
ポジション:AM /LW
利き足:右足
代表:オーストリア代表
20/21シーズン成績
31試合・6得点
推定市場価格:2,200万€

予測不可能なアーティスト

優れたインテリジェンスと技術を武器に、誰もが予測できないプレーを平然とやってのけるアーティスト。

ドリブル、トリッキーなヒールキック、オフ・ザ・ボールの動きと、プレーの引き出しが多く、課題の決定力も改善傾向にある。

現在でもリバプールやユナイテッドといった強豪クラブの標的となっているが、今後さらに争奪戦が激化しそうな勢いだ。

フロリアン・グリリチュ|オーストリア代表

 

プロフィール

フロリアン・グリリチュ
(Florian Grillitsch)
生年月日:1995年8月7日
身長/体重:187cm・77kg
ポジション:CM
利き足:右足
代表:オーストリア代表
20/21シーズン成績
26試合・2得点
推定市場価格:1,600万€

攻撃を司るオーストリアの背番号10

2戦目のオランダ戦から途中出場し、チームの流れをガラリと変えたEUROでの活躍も記憶に新しい司令塔。

長短を使い分けるパスワークはもちろん、187cmというサイズを活かしたボールキープや守備も水準以上だ。

今夏はミラン移籍の噂が浮上するなど有力クラブも注目しており、本人もステップアップに意欲的だ。

 

今季のホッフェンハイムはこの若手に注目

ダビド・ラウム|ドイツ代表

 

プロフィール

ダビド・ラウム
(David Raum)
生年月日:1998年4月22日
身長/体重:180cm・75kg
ポジション:LSB
利き足:左足
代表:ドイツ代表
20/21シーズン成績
34試合・1得点(グロイター・フュルト)
推定市場価格:850万€

赤丸急上昇中の2部アシスト王

昨シーズン、好プレーを見せていたセセニョンの穴を埋めるべく、昇格組のフュルトから獲得した左サイドバックの上昇株。

昨季は2部アシスト王に輝くと、U-21欧州選手権の優勝に貢献→東京五輪出場→ドイツA代表初招集と、完全に上昇気流に乗った。

前任者ほどのスピードはないが、ボールを操るレベルがすこぶる高く、良質なクロスとプレースキックで攻撃を活性化する。

 

ホッフェンハイム / チーム内ランキング

※参考:Who Scored

ブンデスリーガ20/21ゴール数

1 アンドレイ・クラマリッチ 20
2 イラス・ベブ 9
3 クリストフ・バウムガルトナー 6
4 ムナス・ダブール 4
5 フロリアン・グリリチュ 2

 

ブンデスリーガ20/21アシスト数

1 イラス・ベブ 7
2 アンドレイ・クラマリッチ 5
3 クリストフ・バウムガルトナー 3
3 ライアン・セセニョン 3
3 パベル・カデジャーベク 3

 

ブンデスリーガ20/21パス成功率

1 ケビン・フォクト 89.3%
2 フロリアン・グリリチュ 86.6%
3 ディアディエ・サマセク 82.7%
4 アンドレイ・クラマリッチ 82.2%
5 ライアン・セセニョン 79.4%

 

ブンデスリーガ20/21出場試合時間

1 オリバー・バウマン 2,790分
2 ディアディエ・サマセク 2,576分
3 アンドレイ・クラマリッチ 2,386分
4 クリストフ・バウムガルトナー 2,380分
5 イラス・ベブ 2,204分

 

ブンデスリーガ20/21評価点

1 アンドレイ・クラマリッチ 7.23
2 イラス・ベブ 6.96
3 クリストフ・バウムガルトナー 6.91
4 ディアディエ・サマセク 6.86
5 フロリアン・グリリチュ 6.81

 

推定市場価格ランキング

1 アンドレイ・クラマリッチ 2,300万€
2 クリストフ・バウムガルトナー 2,200万€
3 フロリアン・グリリチュ 1,600万€
3 イラス・ベブ 1,600万€
5 ディアディエ・サマセク 1,400万€

 

【FIFA22】能力値ランキング

1 アンドレイ・クラマリッチ 83
2 オリバー・バウマン 82
3 パベル・カデジャーベク 78
3 フロリアン・グリリチュ 78
3 クリストフ・バウムガルトナー 78

 

 

ブンデスリーガ全18クラブの選手一覧はこちら

当サイトでは、TSG1899ホッフェンハイムを含むブンデスリーガ全18クラブのメンバーリストを紹介しています。

その他のクラブはこちらからチェックしてみてください。

サッカー・ブンデスリーガ 2021-2022【全18チーム選手一覧】ブンデスリーガ2021-2022シーズン全18チームの選手一覧です。スタジアム・監督などのクラブデータ・選手一覧(登録メンバー)・基本フォーメーション(スタメン)・2021/2022シーズンの移籍市場・チームのキーマン3選手+注目の若手・チーム内ランキングなど、各クラブの情報を掲載しています。...