セリエA

インテル・ミラノ 2022-2023【選手一覧・フォーメーション・スタメン】

深刻な財政難により監督のコンテ、主砲のルカクら中軸が退団しながらも、最後までミランとスクデット争いを演じる2位。

そのエースが1年で帰還し、覇権奪還の準備は整った、セリエA「インテル・ミラノ」のチーム紹介です。

  • スタジアム・監督などのクラブデータ
  • 選手一覧(登録メンバー)
  • 基本フォーメーション(スタメン)
  • 2022/2023シーズンの移籍市場
  • チームのキープレイヤー+今季注目の若手
  • チーム内ランキング

これら気になる情報を大公開!セリエAファン必見の内容になっています。

インテル・ミラノ/クラブデータ

クラブ FCインテルナツィオナーレ・ミラノ
(FC Internazionale Milano)
創設 1908年
ホームタウン ミラノ
(人口:1,380,000人)
スタジアム スタディオ・ジュゼッペ・メアッツァ
(Stadio Giuseppe Meazza)
収容人数 80,018人
監督 シモーネ・インザーギ
(Simone Inzaghi)
平均年齢 27.5歳
市場価格 6億0,405万€
公式サイト
SNS
    

 

インテル・ミラノ2022-2023 / 選手一覧

選手名 背番号 POS 国籍・代表 生年月日 身長・体重 昨シーズン成績(所属チーム) 備考
アンドレ・オナナ
(André Onana)
24 GK 🇨🇲 カメルーン代表 1996年4月2日 190cm・93kg 6試合・0得点
(アヤックス/NED)
新加入
サミール・ハンダノビッチ (C)
(Samir Handanovic)
1 GK 🇸🇮 元スロベニア代表 1984年7月14日 193cm・89kg 37試合・0得点
ガブリエウ・ブラゾン
(Gabriel Brazão)
- GK 🇧🇷 ブラジル代表 2000年10月5日 192cm・75kg 0試合・0得点
(クルゼイロ/BRA)
復帰
アレックス・コルダズ
(Alex Cordaz)
21 GK 🇮🇹 イタリア 1983年1月1日 188cm・83kg 0試合・0得点
ミラン・シュクリニアル
(Milan Skriniar)
37 CB 🇸🇰 スロバキア代表 1995年2月11日 187cm・80kg 35試合・3得点
アレッサンドロ・バストーニ
(Alessandro Bastoni)
95 CB 🇮🇹 イタリア代表 1999年4月13日 190cm・81kg 31試合・1得点
ステファン・デフライ
(Stefan de Vrij)
6 CB 🇳🇱 オランダ代表 1992年2月5日 189cm・78kg 30試合・0得点
フランチェスコ・アチェルビ
(Francesco Acerbi)
15 CB 🇮🇹 イタリア代表 1988年2月10日 192cm・90kg 30試合・4得点
(ラツィオ)
新加入
ダニーロ・ダンブロージオ
(Danilo D'Ambrosio)
33 CB 🇮🇹 イタリア代表 1988年9月9日 180cm・75kg 20試合・1得点
ラウル・ベッラノーバ
(Raoul Bellanova)
12 RSB 🇮🇹 U-21イタリア代表 2000年5月17日 188cm・78kg 31試合・1得点
(カリアリ/B)
新加入
マッテオ・ダルミアン
(Matteo Darmian)
36 RSB 🇮🇹 イタリア代表 1989年12月2日 182cm・70kg 25試合・2得点
フェデリコ・ディマルコ
(Federico Dimarco)
32 LSB 🇮🇹 イタリア代表 1997年11月10日 182cm・78kg 32試合・2得点
ダウベルト
(Dalbert)
- LSB 🇧🇷 ブラジル 1993年9月8日 181cm・70kg 28試合・0得点
(カリアリ/B)
復帰
ニコロ・バレッラ
(Nicolò Barella)
23 CM 🇮🇹 イタリア代表 1997年2月7日 172cm・68kg 36試合・3得点
マルセロ・ブロゾビッチ
(Marcelo Brozovic)
77 CM 🇭🇷 クロアチア代表 1992年11月16日 181cm・68kg 35試合・2得点
ハカン・チャルハノール
(Hakan Calhanoglu)
20 CM 🇹🇷 トルコ代表 1994年2月8日 178cm・69kg 34試合・7得点
クリスティアン・アスラーニ
(Kristjan Asllani)
14 CM 🇦🇱 アルバニア代表 2002年3月9日 175cm・64kg 23試合・1得点
(エンポリ)
新加入
ロベルト・ガリアルディーニ
(Roberto Gagliardini)
5 CM 🇮🇹 イタリア代表 1994年4月7日 188cm・77kg 18試合・2得点
デンゼル・ドゥムフリース
(Denzel Dumfries)
2 RM 🇳🇱 オランダ代表 1996年4月18日 188cm・80kg 33試合・5得点
ロビン・ゴゼンス
(Robin Gosens)
8 LM 🇩🇪 ドイツ代表 1994年7月5日 183cm・76kg 7試合・0得点
ヘンリク・ムヒタリアン
(Henrikh Mkhitaryan)
22 AM 🇦🇲 アルメニア代表 1989年1月21日 177cm・75kg 31試合・5得点
(ローマ)
新加入
ホアキン・コレア
(Joaquín Correa)
11 CF 🇦🇷 アルゼンチン代表 1994年8月13日 188cm・75kg 26試合・6得点
ラウタロ・マルティネス
(Lautaro Martínez)
10 CF 🇦🇷 アルゼンチン代表 1997年8月22日 174cm・72kg 35試合・21得点
ロメル・ルカク
(Romelu Lukaku)
90 CF 🇧🇪 ベルギー代表 1993年5月13日 190cm・90kg 26試合・8得点
(チェルシー/ENG)
新加入
エディン・ジェコ
(Edin Dzeko)
9 CF 🇧🇦 ボスニア・ヘルツェゴビナ代表 1986年3月17日 193cm・80kg 36試合・13得点

 

移籍市場|2022/2023シーズン夏

移籍IN
PO 選手名 クラブ
GK アンドレ・オナナ ←アヤックス/NED
  ガブリエウ・ブラゾン ←クルゼイロ/BRA
DF フランチェスコ・アチェルビ ←ラツィオ
ラウル・ベッラノーバ ←カリアリ/B
  ダウベルト ←カリアリ/B
MF クリスティアン・アスラーニ ←エンポリ
  ヘンリク・ムヒタリアン ←ローマ
FW ロメル・ルカク ←チェルシー/ENG

 

移籍OUT
PO 選手名 クラブ
GK ヨヌツ・ラドゥ →クレモネーゼ
DF アンドレア・ラノッキア →モンツァ
  アレクサンダル・コラロフ →引退
MF アルトゥーロ・ビダル →フラメンゴ/BRA
  マティアス・ベシーノ →ラツィオ
  イバン・ペリシッチ →トッテナム/ENG
FW アレクシス・サンチェス →マルセイユ/FRA
  フェリペ・カイセド →アブハー/KSA

 

ユース(下部組織)出身のスター選手はこちら↓

インテル・ユース(下部組織)出身の名手たち各チームの下部組織で育った名選手を年代順に紹介していくこのシリーズ。今回は、バンディエラのベルゴミから近年のザニオーロまで、多くのスターたちを世に送り出してきたインテルユース出身の名手たち。懐かしの選手からニューカマーまで、クラブの歴史を順を追って振り返っていきましょう。...

 

インテル・ミラノ2022-2023 / フォーメーション(スタメン)

基本フォーメーション

インテルミラノ22-23開幕直後のフォーメーション(スタメン)

 

21/22リーグ戦使用フォーメーション

3-5-2
38試合:25勝9分4敗/84得点・32失点

 

過去のフォーメーション(スタメン)はこちら

インテルの歴代フォーメーション・成績【1990〜2020】ヨーロッパ主要クラブの成績を一気に振り返っていくこの企画! 今回は、"ネラッズーロ(青と黒)"こと「インテル・ミラノ」の1990〜...

 

 

インテル22-23のキープレイヤー

ラウタロ・マルティネス|アルゼンチン代表

 

プロフィール

ラウタロ・マルティネス
(Lautaro Martínez)
生年月日:1997年8月22日
身長/体重:174cm・72kg
ポジション:CF
利き足:右足
代表:アルゼンチン代表
21/22シーズン成績
35試合・21得点
推定市場価格:7,500万€

風格が漂うエース

インテルではルカクやジェコ、アルゼンチン代表ではメッシと、誰とコンビを組んでも力を発揮できるNo.10。

スクデット獲得はならなかったが、主力が移籍して戦力が低下した中で21ゴールを挙げ、エースの責務を果たした

前線からのプレッシングも手を抜かないモダンなCFが、今シーズンもインテルを牽引する。

ニコロ・バレッラ|イタリア代表

 

プロフィール

ニコロ・バレッラ
(Nicolò Barella)
生年月日:1997年2月7日
身長/体重:172cm・68kg
ポジション:CM
利き足:右足
代表:イタリア代表
21/22シーズン成績
36試合・3得点
推定市場価格:7,000万€

メガクラブも羨む超万能MF

世界有数のインサイドハーフに成長し、メガクラブも羨む存在となった超万能MF。

ラウタロと並ぶ戦術上のキーマンで、ダイナミズムと献身性で攻守両面をサポートしながら、オープンで攻撃的なチームを支える。

4節クレモネーゼ戦で決めたダイレクトボレーは、FIFAプスカシュ賞クラスの見事なゴラッソだった。

マルセロ・ブロゾビッチ|クロアチア代表

 

プロフィール

マルセロ・ブロゾビッチ
(Marcelo Brozovic)
生年月日:1992年11月16日
身長/体重:181cm・68kg
ポジション:CM
利き足:右足
代表:クロアチア代表
21/22シーズン成績
35試合・2得点
推定市場価格:4,000万€

ネラッズーロの心臓

名将スパレッティがコンバートした17-18シーズン以降、不動のレジスタとして君臨するネッラズーロの心臓。

巧みに使い分ける長短のパス、無尽蔵のスタミナは相変わらずで、昨シーズンはセリエA最優秀MFに選出された。

勝利とはならなかったが、ミラノダービーで見せたロングスプリントからの先制点は、彼の魅力が詰まった見事な一撃だった。

 

22-23のインテルはこの若手に注目

クリスティアン・アスラーニ|アルバニア代表

 

プロフィール

クリスティアン・アスラーニ
(Kristjan Asllani)
生年月日:2002年3月9日
身長/体重:175cm・64kg
ポジション:CM
利き足:右足
代表:アルバニア代表
21/22シーズン成績
23試合・1得点
(エンポリ)
推定市場価格:1,000万€

ブロゾビッチの後継者

セリエAデビューからわずか1年で、イタリア屈指の名門に引き抜かれたシンデレラボーイ。

冬に移籍したリッチ(トリノ)の後釜でレジスタに起用されると、非凡な展開力とパスワーク、戦術眼で攻撃の中心に担った。

今シーズン中のブレイクは難しいかもしれないが、いずれブロゾビッチの後継者になれるポテンシャルを十分に備えている。

 

インテル2021-2022 / チーム内ランキング

※参考:Who Scored

セリエA21/22ゴール数

1 ラウタロ・マルティネス 21
2 エディン・ジェコ 13
3 イバン・ペリシッチ 8
4 ハカン・チャルハノール 7
5 ホアキン・コレア 6

 

セリエA21/22アシスト数

1 ハカン・チャルハノール 12
1 ニコロ・バレッラ 12
3 イバン・ペリシッチ 7
4 エディン・ジェコ 5
5 デンゼル・ドゥムフリース 4

 

セリエA21/22パス成功率

1 デンゼル・ドゥムフリース 92.9%
2 マルセロ・ブロゾビッチ 92.5%
3 ステファン・デフライ 91.8%
4 アレッサンドロ・バストーニ 89.6%
5 ハカン・チャルハノール 86.8%

 

セリエA21/22出場試合時間

1 サミール・ハンダノビッチ 3,330
2 ミラン・シュクリニアル 3,150
3 マルセロ・ブロゾビッチ 2,951
4 ニコロ・バレッラ 2,933
5 イバン・ペリシッチ 2,844

 

セリエA21/22評価点

1 ハカン・チャルハノール 7.28
2 イバン・ペリシッチ 7.22
3 ラウタロ・マルティネス 7.18
4 マルセロ・ブロゾビッチ 7.13
4 ニコロ・バレッラ 7.13

 

推定市場価格ランキング

1 ラウタロ・マルティネス 7,500万€
2 ニコロ・バレッラ 7,000万€
2 ロメル・ルカク 7,000万€
4 ミラン・シュクリニアル 6,500万€
5 アレッサンドロ・バストーニ 6,000万€

 

【FIFA22】能力値ランキング

1 ミラン・シュクリニアル 86
2 サミール・ハンダノビッチ 85
2 ラウタロ・マルティネス 85
2 ニコロ・バレッラ 85
5 マルセロ・ブロゾビッチ 84

 

 

セリエA全20クラブの選手一覧はこちら

当サイトでは、インテル・ミラノを含むセリエA全20クラブのメンバーリストを紹介しています。

その他のクラブはこちらからチェックしてみてください。↓

サッカー セリエA 2022-2023【全20チーム選手一覧】セリエA2022-2023シーズン全20チームの選手一覧です。スタジアム・監督などのクラブデータ・選手一覧(登録メンバー)・基本フォーメーション(スタメン)・2022/2023シーズンの移籍市場・チームのキーマン3選手+注目の若手・チーム内ランキングなど、各クラブの情報を掲載しています。...