セリエA

インテル・ミラノ 2021-2022【選手一覧・フォーメーション・スタメン】

11シーズンぶりのスクデットに沸いたのも束の間、深刻な財政難に陥り監督のコンテ、主力のハキミ、ルカクが退団。

開幕前から窮地に立たされたイタリア王者をどうやり繰りするか、新監督インザーギの手腕が問われる、セリエA「インテル・ミラノ」のチーム紹介です。

  • スタジアム・監督などのクラブデータ
  • 選手一覧(登録メンバー)
  • 基本フォーメーション(スタメン)
  • 2021/2022シーズンの移籍市場
  • チームのキーマン3選手+今季注目の若手
  • チーム内ランキング

これら気になる情報を大公開!セリエAファン必見の内容になっています。

インテル・ミラノ/クラブデータ

クラブ FCインテルナツィオナーレ・ミラノ
(FC Internazionale Milano)
創設 1908年
ホームタウン ミラノ(人口:1,380,000人)
スタジアム スタディオ・ジュゼッペ・メアッツァ
(Stadio Giuseppe Meazza)
収容人数 80,018人
監督 シモーネ・インザーギ
(Simone Inzaghi)
平均年齢 29.8歳
市場価格 5億5,090万€
公式サイト     

 

インテル・ミラノ2021-2022 / 選手一覧

選手名 背番号 POS 国籍・代表 生年月日 身長・体重 昨シーズン成績(所属チーム) 備考
ヨヌツ・ラドゥ
(Ionut Radu)
97 GK 🇷🇴 ルーマニア代表 1997年5月28日 188cm・70kg 2試合・0得点
サミール・ハンダノビッチ (C)
(Samir Handanovic)
1 GK 🇸🇮 元スロベニア代表 1984年7月14日 193cm・89kg 37試合・0得点
アレックス・コルダズ
(Alex Cordaz)
21 GK 🇮🇹 イタリア 1983年1月1日 188cm・83kg 36試合・0得点
(クロトーネ/B)
新加入
ミラン・シュクリニアル
(Milan Skriniar)
37 CB 🇸🇰 スロバキア代表 1995年2月11日 187cm・80kg 32試合・3得点
アレッサンドロ・バストーニ
(Alessandro Bastoni)
95 CB 🇮🇹 イタリア代表 1999年4月13日 190cm・81kg 33試合・0得点
ステファン・デフライ
(Stefan de Vrij)
6 CB 🇳🇱 オランダ代表 1992年2月5日 189cm・78kg 32試合・1得点
アンドレア・ラノッキア
(Andrea Ranocchia)
13 CB 🇮🇹 元イタリア代表 1988年2月16日 195cm・81kg 8試合・0得点
マッテオ・ダルミアン
(Matteo Darmian)
36 RSB 🇮🇹 イタリア代表 1989年12月2日 182cm・70kg 26試合・3得点
ダニーロ・ダンブロージオ
(Danilo D'Ambrosio)
33 RSB 🇮🇹 イタリア代表 1988年9月9日 180cm・75kg 19試合・3得点
フェデリコ・ディマルコ
(Federico Dimarco)
32 LSB 🇮🇹 イタリア代表 1997年11月10日 182cm・78kg 35試合・5得点
(エラス・ヴェローナ)
復帰
アレクサンダル・コラロフ
(Aleksandar Kolarov)
11 LSB 🇷🇸 セルビア代表 1985年11月10日 187cm・81kg 7試合・0得点
ニコロ・バレッラ
(Nicolò Barella)
23 CM 🇮🇹 イタリア代表 1997年2月7日 172cm・68kg 36試合・3得点
マルセロ・ブロゾビッチ
(Marcelo Brozovic)
77 CM 🇭🇷 クロアチア代表 1992年11月16日 181cm・68kg 33試合・2得点
ハカン・チャルハノール
(Hakan Calhanoglu)
20 CM 🇹🇷 トルコ代表 1994年2月8日 178cm・69kg 33試合・4得点
(ミラン)
新加入
ロベルト・ガリアルディーニ
(Roberto Gagliardini)
5 CM 🇮🇹 イタリア代表 1994年4月7日 188cm・77kg 28試合・3得点
マティアス・ベシーノ
(Matías Vecino)
8 CM 🇺🇾 ウルグアイ代表 1991年8月24日 187cm・81kg 8試合・1得点
アルトゥーロ・ビダル
(Arturo Vidal)
22 CM 🇨🇱 チリ代表 1987年5月22日 180cm・75kg 23試合・1得点
デンゼル・ドゥムフリース
(Denzel Dumfries)
2 RM 🇳🇱 オランダ代表 1996年4月18日 188cm・80kg 30試合・2得点
(PSV/NED)
新加入
ロビン・ゴゼンス
(Robin Gosens)
18 LM 🇩🇪 ドイツ代表 1994年7月5日 183cm・76kg 32試合・11得点
(アタランタ)
新加入
イバン・ペリシッチ
(Ivan Perisic)
14 LM 🇭🇷 クロアチア代表 1989年2月2日 186cm・80kg 32試合・4得点
ホアキン・コレア
(Joaquín Correa)
19 CF 🇦🇷 アルゼンチン代表 1994年8月13日 188cm・75kg 28試合・8得点
(ラツィオ)
新加入
ラウタロ・マルティネス
(Lautaro Martínez)
10 CF 🇦🇷 アルゼンチン代表 1997年8月22日 174cm・72kg 38試合・17得点
エディン・ジェコ
(Edin Dzeko)
9 CF 🇧🇦 ボスニア・ヘルツェゴビナ代表 1986年3月17日 193cm・80kg 27試合・7得点
(ローマ)
新加入
アレクシス・サンチェス
(Alexis Sánchez)
7 CF 🇨🇱 チリ代表 1988年12月19日 168cm・62kg 30試合・7得点
フェリペ・カイセド
(Felipe Caicedo)
88 CF 🇪🇨 エクアドル代表 1988年9月5日 185cm・81kg 25試合・8得点
(ラツィオ)
新加入

 

移籍市場|2021/2022シーズン冬

移籍IN

▼DF
ロビン・ゴゼンス(←アタランタ)
▼FW
フェリペ・カイセド(←ジェノア)

移籍OUT

▼GK
ガブリエウ・ブラゾン(→クルゼイロ/BRA)
▼MF
ステファーノ・センシ(→サンプドリア)
クリスティアン・エリクセン(→ブレントフォード/ENG)
▼FW
ファクンド・コリーディオ(→ティグレ/ARG)
マルティン・サトリアーノ(→ブレスト/FRA)

 

ユース(下部組織)出身のスター選手はこちら↓

インテル・ユース(下部組織)出身の名手たち各チームの下部組織で育った名選手を年代順に紹介していくこのシリーズ。今回は、バンディエラのベルゴミから近年のザニオーロまで、多くのスターたちを世に送り出してきたインテルユース出身の名手たち。懐かしの選手からニューカマーまで、クラブの歴史を順を追って振り返っていきましょう。...
インテル・ミラノ 21/22 半袖ホーム No.10 ラウタロ・マルティネス
NIKE(ナイキ)

 

インテル・ミラノ2021-2022 / フォーメーション(スタメン)

基本フォーメーション

インテル・ミラノ21-22中盤戦のフォーメーション(スタメン)

 

フォーメーション(シーズン開幕直後)

インテル・ミラノ21-22開幕直後のフォーメーション(スタメン)

 

21/22リーグ戦使用フォーメーション

3-5-2
19試合:14勝4分1敗/49得点・15失点

 

過去のフォーメーション(スタメン)はこちら

インテルの歴代フォーメーション・成績【1990〜2020】ヨーロッパ主要クラブの成績を一気に振り返っていくこの企画! 今回は、"ネラッズーロ(青と黒)"こと「インテル・ミラノ」の1990〜...

 

インテルのキーマン3選手

ラウタロ・マルティネス|アルゼンチン代表

 

プロフィール

ラウタロ・マルティネス
(Lautaro Martínez)
生年月日:1997年8月22日
身長/体重:174cm・72kg
ポジション:CF
利き足:右足
代表:アルゼンチン代表
20/21シーズン成績
38試合・17得点
推定市場価格:8,000万€

エースの責務を担う"アグエロ2世"

ルカクとの絶妙なコンビネーションで、キャリアハイの17ゴールをマークした"アグエロ2世"

今夏はトッテナムやアーセナル、バルセロナなどが興味を示したが残留を明言。インテリスタを安堵させた。

優勝したコパ・アメリカでも3ゴールを挙げるなど、完全に1本立ちした新エースが、新星インテルを牽引する。

ニコロ・バレッラ|イタリア代表

 

プロフィール

ニコロ・バレッラ
(Nicolò Barella)
生年月日:1997年2月7日
身長/体重:172cm・68kg
ポジション:CM
利き足:右足
代表:イタリア代表
20/21シーズン成績
36試合・3得点
推定市場価格:7,000万€

カリアリが生んだ超万能MF

インテル、アッズーリを王者へ導き、世界有数のインサイドハーフに成長した万能MF。

チーム最大のキーマンで、効果的なビルドアップでポゼッションを支えながら、ダイナミズムと献身性で攻守両面をサポートする。

近未来の主将候補には、ルカクが担っていたチームリーダーとしての振る舞いを期待したい。

マルセロ・ブロゾビッチ|クロアチア代表

 

プロフィール

マルセロ・ブロゾビッチ
(Marcelo Brozovic)
生年月日:1992年11月16日
身長/体重:181cm・68kg
ポジション:CM・RM
利き足:右足
代表:クロアチア代表
20/21シーズン成績
33試合・2得点
推定市場価格:4,000万€

ネラッズーロの心臓

インザーギ体制になっても、不動のレジスタとして君臨する戦術上のキーマン。

長短のパスを巧みに使い分けるだけでなく、豊富な運動量も兼備。昨季は平均走行距離リーグNo.1の記録した。

質も量も提供できる"ネラッズーロの心臓"との契約は、2022年6月末までとなっており、シーズン後の行方も気になるところだ。

 

今季のインテルはこの若手に注目

マルティン・サトリアーノ|ウルグアイ

 

プロフィール

マルティン・サトリアーノ
(Martín Satriano)
生年月日:2001年2月20日
身長/体重:187cm・75kg
ポジション:CF
利き足:右足
代表:ウルグアイ
20/21シーズン成績
0試合・0得点
推定市場価格:100万€

貪欲にゴールを目指すウルグアイ産CF

プリマヴェーラでゴールを量産し、開幕戦で待望のセリエAを果たしたウルグアイの名門ナシオナル出身のCF。

エバートンやウェストハムも興味を示していたが、インテルに留まることを決意。空中戦の強さとシュートセンスを武器に成長を目指す。

当面はFWの4〜5番手扱いになりそうだが、少ないチャンスをものにできれば、ウルグアイ代表への道も開けるだろう。

 

インテル / チーム内ランキング

※参考:Who Scored

セリエA21/22ゴール数

1 ラウタロ・マルティネス 11
2 エディン・ジェコ 8
3 ハカン・チャルハノール 6
3 ホアキン・コレア 4
5 イバン・ペリシッチ
4

 

セリエA21/22アシスト数

1 ハカン・チャルハノール 7
1 ニコロ・バレッラ 7
3 エディン・ジェコ 3
4 ラウタロ・マルティネス 2
4 アレッサンドロ・バストーニ 2

 

セリエA21/22パス成功率

1 マルセロ・ブロゾビッチ 93.0%
2 ミラン・シュクリニアル 92.6%
3 ステファン・デフライ 90.9%
4 アレッサンドロ・バストーニ 89.4%
5 ハカン・チャルハノール 85.8%

 

セリエA21/22出場試合時間

1 サミール・ハンダノビッチ 1,710分
2 マルセロ・ブロゾビッチ 1,576分
3 ミラン・シュクリニアル 1,530分
4 イバン・ペリシッチ 1,373分
5 ニコロ・バレッラ 1,371分

 

セリエA21/22評価点

1 ハカン・チャルハノール 7.48
2 ニコロ・バレッラ 7.26
3 エディン・ジェコ 7.20
4 マルセロ・ブロゾビッチ 7.18
5 ラウタロ・マルティネス 7.17

 

推定市場価格ランキング

1 ラウタロ・マルティネス 8,000万€
2 ニコロ・バレッラ 7,000万€
3 ミラン・シュクリニアル 6,500万€
4 アレッサンドロ・バストーニ 6,000万€
5 ステファン・デフライ 4,500万€

 

【FIFA22】能力値ランキング

1 ミラン・シュクリニアル 86
2 サミール・ハンダノビッチ 85
2 ステファン・デフライ 85
2 ニコロ・バレッラ 85
2 マルセロ・ブロゾビッチ 85

 

 

セリエA全20クラブの選手一覧はこちら

当サイトでは、インテル・ミラノを含むセリエA全20クラブのメンバーリストを紹介しています。

その他のクラブはこちらからチェックしてみてください。↓

サッカー・セリエA 2021-2022【全20チーム選手一覧】セリエA2021-2022シーズン全20チームの選手一覧です。スタジアム・監督などのクラブデータ・選手一覧(登録メンバー)・基本フォーメーション(スタメン)・2021/2022シーズンの移籍市場・チームのキーマン3選手+注目の若手・チーム内ランキングなど、各クラブの情報を掲載しています。...