セリエA

トリノFC 2022-2023【選手一覧・フォーメーション・スタメン】

1940年代リーグ5連覇を達成し、"グランデ・トリノ"と呼ばれたイタリアの古豪。

攻守にアグレッシブな"ユリッチスタイル"に磨きをかけ、ヨーロッパカップ戦圏内を狙う、セリエA「トリノFC」のチーム紹介です。

  • スタジアム・監督などのクラブデータ
  • 選手一覧(登録メンバー)
  • 基本フォーメーション(スタメン)
  • 2022/2023シーズンの移籍市場
  • チームのキープレイヤー+今季注目の若手
  • チーム内ランキング

これら気になる情報を大公開!セリエAファン必見の内容になっています。

トリノ / クラブデータ

クラブ トリノ・フットボール・クラブ
(Torino Football Club S.p.A)
創設 1906年
ホームタウン トリノ
(人口:870,000人)
スタジアム スタディオ・オリンピコ・グランデ・トリノ
(Stadio Olimpico Grande Torino)
収容人数 27,994人
監督 イバン・ユリッチ
(Ivan Juric)
平均年齢 24.2歳
市場価格 1億4,755万€
公式サイト
SNS
    

 

トリノ2022-2023 / 選手一覧

選手名 背番号 POS 国籍・代表 生年月日 身長・体重 昨シーズン成績(所属チーム) 備考
ヴァニャ・ミリンコビッチ=サビッチ
(Vanja Milinković-Savić)
32 GK 🇷🇸 セルビア代表 1997年2月20日 202cm・90kg 27試合・0得点
エトリト・ベリシャ
(Etrit Berisha)
1 GK 🇦🇱 アルバニア代表 1989年3月10日 194cm・92kg 10試合・0得点
ルカ・ジェメッロ
(Luca Gemello)
89 GK 🇮🇹 イタリア 2000年7月3日 190cm・78kg 1試合・0得点
ダビド・ジマ
(David Zima)
6 CB 🇨🇿 チェコ代表 2000年11月8日 190cm・80kg 20試合・0得点
ペル・スフールス
(Perr Schuurs)
3 CB 🇳🇱 オランダ代表 1999年11月26日 191cm・87kg 22試合・0得点
(アヤックス/NED)
新加入
アレッサンドロ・ブオンジョルノ
(Alessandro Buongiorno)
4 CB 🇮🇹 元U-21イタリア代表 1999年6月6日 194cm・80kg 23試合・0得点
リカルド・ロドリゲス
(Ricardo Rodríguez)
13 CB 🇨🇭 スイス代表 1992年8月25日 182cm・77kg 34試合・0得点
コフィ・ジジ
(Koffi Djidji)
26 CB 🇨🇮 コートジボワール代表 1992年11月30日 184cm・71kg 25試合・0得点
ウィルフレッド・シンゴ
(Wilfried Singo)
17 RSB 🇨🇮 コートジボワール代表 2000年12月25日 190cm・79kg 35試合・3得点
メルギム・ヴォイボダ
(Mërgim Vojvoda)
27 RSB 🇽🇰 コソボ代表 1995年2月1日 187cm・78kg 29試合・0得点
オラ・アイナ
(Ola Aina)
34 RSB 🇳🇬 ナイジェリア代表 1996年10月8日 184cm・82kg 21試合・0得点
サシャ・ルキッチ (C)
(Sasa Lukic)
10 CM 🇷🇸 セルビア代表 1996年8月13日 183cm・77kg 34試合・5得点
サムエレ・リッチ
(Samuele Ricci)
28 CM 🇮🇹 イタリア代表 2001年8月21日 180cm・73kg 12試合・0得点
カロル・リネティ
(Karol Linetty)
77 CM 🇵🇱 ポーランド代表 1995年2月2日 176cm・73kg 16試合・0得点
エミルハン・イルカン
(Emirhan Ilkhan)
14 CM 🇹🇷 U-21トルコ代表 2004年6月1日 175cm・-kg 11試合・1得点
(ベジクタシュ/TUR)
新加入
ミシェル・アドポ
(Michel Adopo)
21 CM 🇫🇷 フランス 2000年7月19日 187cm・80kg 32試合・2得点
(ヴィテルベーゼ/C)
復帰
マシュー・ガーベット
(Matthew Garbett)
36 CM 🇳🇿 ニュージーランド代表 2002年4月13日 188cm・77kg 0試合・0得点
ヴァレンティーノ・ラザロ
(Valentino Lazaro)
19 RM 🇦🇹 オーストリア代表 1996年3月24日 178cm・75kg 18試合・0得点
(ベンフィカ/POR)
新加入
ブライアン・ベイェイ
(Brian Bayeye)
2 RM 🇫🇷 フランス 2000年6月30日 182cm・70kg 23試合・0得点
(カタンザーロ/C)
新加入
ニコラ・ヴラシッチ
(Nikola Vlasic)
16 AM 🇭🇷 クロアチア代表 1997年10月4日 178cm・72kg 19試合・1得点
(ウェストハム/ENG)
新加入
アレクセイ・ミランチュク
(Aleksey Miranchuk)
59 AM 🇷🇺 ロシア代表 1995年10月17日 182cm・67kg 19試合・2得点
(アタランタ)
新加入
デンバ・セック
(Demba Seck)
23 RW 🇸🇳 セネガル代表 2001年2月10日 190cm・73kg 6試合・0得点
シモーネ・エデラ
(Simone Edera)
20 RW 🇮🇹 元U-21イタリア代表 1997年1月9日 174cm・72kg 0試合・0得点
ネマニャ・ラドニッチ
(Nemanja Radonjic)
49 LW 🇷🇸 セルビア代表 1996年2月15日 185cm・76kg 6試合・0得点
(ベンフィカ/POR)
新加入
ヤン・カラモ
(Yann Karamoh)
7 LW 🇫🇷 元U-21フランス代表 1998年7月8日 185cm・77kg 32試合・4得点
(カラギュムリュク/TUR)
新加入
アントニオ・サナブリア
(Antonio Sanabria)
9 CF 🇵🇾 パラグアイ代表 1996年3月4日 181cm・73kg 29試合・6得点
ピエトロ・ペッレグリ
(Pietro Pellegri)
11 CF 🇮🇹 イタリア代表 2001年5月17日 188cm・80kg 9試合・1得点

 

移籍市場|2022/2023シーズン夏

移籍IN
PO 選手名 クラブ
DF ペル・スフールス ←アヤックス/NED
  ヴァレンティーノ・ラザロ ←ベンフィカ/POR
MF エミルハン・イルカン ←ベジクタシュ/TUR
  ミシェル・アドポ ←ヴィテルベーゼ/C
  ブライアン・ベイェイ ←カタンザーロ/C
  ニコラ・ヴラシッチ ←ウェストハム/ENG
  アレクセイ・ミランチュク ←アタランタ
FW ネマニャ・ラドニッチ ←ベンフィカ/POR
  ヤン・カラモ ←カラギュムリュク/TUR

 

移籍OUT
PO 選手名 クラブ
DF ブレーメル →ユベントス
  アルマンド・イッツォ →モンツァ
  クリスティアン・アンサルディ →パルマ/B
MF トンマーゾ・ポベガ →ミラン
  デニス・プラエト →レスター/ENG
  ロランド・マンドラーゴラ →フィオレンティーナ
  モハメド・ファレス →ラツィオ
FW ヨシプ・ブレカロ →ヴォルフスブルク
  マルコ・ピアツァ →エンポリ
  マグナス・ワーミング →ダルムシュタット/GER2部
  アンドレア・ベロッティ →ローマ
  シモーネ・ザザ →未定

 

 

トリノ2022-2023 / フォーメーション(スタメン)

基本フォーメーション

トリノ22-23開幕直後のフォーメーション(スタメン)

 

21/22リーグ戦使用フォーメーション

3-4-2-1
36試合:13勝11分12敗/45得点・38失点
3-4-1-2
2試合:0勝0分2敗/1得点・3失点

 

過去のフォーメーション(スタメン)はこちら

トリノの歴代フォーメーション・成績【2010〜2019】アグレッシブな守備を武器に強豪とも互角に渡り合った18/19シーズンの躍進が、この10年のハイライト。 かつては"グランデ・トリノ...

 

 

トリノ21-22のキープレイヤー

アンドレア・ベロッティ|イタリア代表

 

プロフィール

アンドレア・ベロッティ
(Andrea Belotti)
生年月日:1993年12月20日
身長/体重:181cm・72kg
ポジション:CF
利き足:右足
代表:イタリア代表
21/22シーズン成績
22試合・8得点
推定市場価格:2,000万€

トリノ不動のエース

難しいボールもねじ込む抜群の決定力でゴールを量産するトリノ不動のエース

昨シーズンは、前半戦だけで9ゴールと大暴れしたものの徐々に失速。降格の危険に晒されていたチームを救えなかった。

エースであり主将でもあるキーマンだが、ライバルのサナブリアが好調を維持しており、今シーズンは正念場だ。

ヨシプ・ブレカロ|クロアチア代表

 

プロフィール

ヨシプ・ブレカロ
(Josip Brekalo)
生年月日:1998年6月23日
身長/体重:180cm・70kg
ポジション:LW / RW
利き足:右足
代表:クロアチア代表
21/22シーズン成績
32試合・7得点
推定市場価格:1,500万€

レパートリー豊富な崩しの切り札

ベロッティにつなぐ崩しの切り札として、移籍市場最終日に加入したクロアチア人アタッカー。

課題だったオフ・ザ・ボールの動きに磨きがかかった昨季は、チーム2位の7ゴールを挙げ、ヴォルフスブルクのCL出場権獲得に貢献した。

ドリブル、スルーパス、ミドルシュートとプレーのレパートリーが豊富で、トップ10入りを目指すチームの行方を左右するキーマンの1人だ。

ブレーメル|イタリア代表

 

プロフィール

ブレーメル
(Bremer)
生年月日:1997年3月18日
身長/体重:188cm・80kg
ポジション:CB
利き足:右足
代表:未招集
21/22シーズン成績
33試合・3得点
推定市場価格:3,500万€

守備リーダーとして期待

ヌクルの退団でポジションを中央に移し、ユリッチ監督もリーダーとして期待を寄せるハードマーカー。

元ブラジル代表のルッシオを模範に上げるように、対人守備の強さと両足で正確なフィードを送れるスキルが特徴だ。

リバプールやユナイテッドらプレミア勢が興味を示しており、2023年に切れる契約の行方に注目が集まる。

 

今季のトリノはこの若手に注目

ウィルフレッド・シンゴ|コートジボワール代表

 

プロフィール

ウィルフレッド・シンゴ
(Wilfried Singo)
生年月日:2000年12月25日
身長/体重:190cm・78kg
ポジション:RSB
利き足:右足
代表:コートジボワール代表
21/22シーズン成績
35試合・3得点
推定市場価格:1,500万€

オーリエの後継者候補筆頭

スピード豊かな突破と大胆なプレー選択で、異彩を放つコートジボワールの新星。

開幕当初は右SBの4番手だったが、3バックのWBという最適解をみつけ躍動。昨シーズンのトリノで数少ない収穫となった。

ミランも高く評価し、リバプールからは具体的なオファーが届くなど、国際的知名度もうなぎ登りだ。

 

トリノ2021-2022 / チーム内ランキング

※参考:Who Scored

セリエA21/22ゴール数

1 アンドレア・ベロッティ 8
2 ヨシプ・ブレカロ 7
3 アントニオ・サナブリア 6
4 サシャ・ルキッチ 5
5 トンマーゾ・ポベガ 4

 

セリエA21/22アシスト数

1 ウィルフレッド・シンゴ 4
1 サシャ・ルキッチ 4
3 クリスティアン・アンサルディ 3
3 メルギム・ヴォイボダ 3
3 トンマーゾ・ポベガ 3

 

セリエA21/22パス成功率

1 サシャ・ルキッチ 87.8%
2 リカルド・ロドリゲス 87.5%
3 コフィ・ジジ 84.4%
4 ブレーメル 81.6%
5 ウィルフレッド・シンゴ 79.8%

 

セリエA21/22出場試合時間

1 サシャ・ルキッチ 2,987
2 ブレーメル 2,895
3 ウィルフレッド・シンゴ 2,626
4 リカルド・ロドリゲス 2,472
5 ヴァニャ・ミリンコビッチ=サビッチ 2,430

 

セリエA21/22評価点

1 ブレーメル 7.22
2 サシャ・ルキッチ 6.85
3 ウィルフレッド・シンゴ 6.80
4 ヨシプ・ブレカロ 6.77
5 メルギム・ヴォイボダ 6.72

 

推定市場価格ランキング

1 ニコラ・ヴラシッチ 2,200万€
2 サシャ・ルキッチ 1,500万€
2 ウィルフレッド・シンゴ 1,500万€
4 サムエレ・リッチ 1,200万€
5 アレクセイ・ミランチュク 1,000万€

 

【FIFA22】能力値ランキング

1 サシャ・ルキッチ 76
2 アントニオ・サナブリア 75
3 リカルド・ロドリゲス 74
3 ダビド・ジマ 74
3 オラ・アイナ 74

 

 

セリエA全20クラブの選手一覧はこちら

当サイトでは、トリノFCを含むセリエA全20クラブのメンバーリストを紹介しています。

その他のクラブはこちらからチェックしてみてください。↓

サッカー セリエA 2022-2023【全20チーム選手一覧】セリエA2022-2023シーズン全20チームの選手一覧です。スタジアム・監督などのクラブデータ・選手一覧(登録メンバー)・基本フォーメーション(スタメン)・2022/2023シーズンの移籍市場・チームのキーマン3選手+注目の若手・チーム内ランキングなど、各クラブの情報を掲載しています。...