プレミアリーグ

ウェストハム・ユナイテッドFC 2022-2023【選手一覧・フォーメーション・スタメン】

ELではベスト4まで勝ち残り、リーグ戦でもECL出場権を獲得するなど、昨シーズンの躍進がフロックでないことを証明した。

人気銘柄のライス、ボーウェンなど主力を引き留めることができれば、CLもみえてくる、プレミアリーグ「ウェストハム・ユナイテッドFC」のチーム紹介です。

  • スタジアム・監督などのクラブデータ
  • 選手一覧(登録メンバー)
  • 基本フォーメーション(スタメン)
  • 2022/2023シーズンの移籍市場
  • チームのキーマン3選手+今季注目の若手
  • チーム内ランキング

これら気になる情報を大公開!プレミアリーグ好きの方必見の内容になっています。

ウェストハム・ユナイテッド / クラブデータ

クラブ ウェストハム・ユナイテッド・フットボール・クラブ
(West Ham United Football Club)
創設 1895年
ホームタウン ロンドン
(人口:8,900,000人)
スタジアム ロンドン・スタジアム
(London Stadium)
収容人数 60,000人
監督 デイビッド・モイーズ
(David Moyes)
平均年齢 27.8歳
市場価格 3億5,200万€
公式サイト     

 

ウェストハム2022-2023 / 選手一覧

選手名 背番号 POS 国籍・代表 生年月日 身長・体重 昨シーズン成績(所属チーム) 備考
アルフォンス・アレオラ
(Alphonse Areola)
13 GK 🇫🇷 フランス代表 1993年2月27日 195cm・94kg 1試合・0得点
ウカシュ・ファビアンスキ
(Lukasz Fabianski)
1 GK 🇵🇱 ポーランド代表 1985年4月18日 190cm・83kg 37試合・0得点
ダレン・ランドルフ
(Darren Randolph)
35 GK 🇮🇪 アイルランド代表 1987年5月12日 188cm・98kg 0試合・0得点
クルト・ズマ
(Kurt Zouma)
4 CB 🇫🇷 フランス代表 1994年10月27日 190cm・92kg 24試合・1得点
ナイフ・アゲルド
(Nayef Aguerd)
27 CB 🇲🇦 モロッコ代表 1996年3月30日 188cm・76kg 31試合・2得点
(レンヌ/FRA)
新加入
イサ・ディオプ
(Issa Diop)
23 CB 🇫🇷 元U-21フランス代表 1997年1月9日 194cm・92kg 13試合・0得点
クレイグ・ドーソン
(Craig Dawson)
15 CB 🏴󠁧󠁢󠁥󠁮󠁧󠁿 元U-21イングランド代表 1990年5月6日 188cm・78kg 34試合・2得点
アンジェロ・オグボンナ
(Angelo Ogbonna)
21 CB 🇮🇹 イタリア代表 1988年5月23日 191cm・86kg 11試合・1得点
ウラジミール・ツォウファル
(Vladimir Coufal)
5 RSB 🇨🇿 チェコ代表 1992年8月22日 179cm・76kg 28試合・0得点
ベン・ジョンソン
(Ben Johnson)
31 RSB 🏴󠁧󠁢󠁥󠁮󠁧󠁿 U-21イングランド代表 2000年1月24日 175cm・68kg 20試合・1得点
アルトゥール・マスアク
(Arthur Masuaku)
26 LSB 🇨🇩 DRコンゴ代表 1993年11月7日 179cm・70kg 13試合・1得点
アーロン・クレスウェル
(Aaron Cresswell)
3 LSB 🏴󠁧󠁢󠁥󠁮󠁧󠁿 イングランド代表 1989年12月15日 170cm・66kg 31試合・2得点
デクラン・ライス
(Declan Rice)
41 CM 🏴󠁧󠁢󠁥󠁮󠁧󠁿 イングランド代表 1999年1月14日 185cm・80kg 36試合・1得点
トマシュ・ソーチェク
(Tomas Soucek)
28 CM 🇨🇿 チェコ代表 1995年2月27日 192cm・86kg 35試合・5得点
コナー・コベントリー
(Conor Coventry)
54 CM 🇮🇪 アイルランド代表 2000年3月25日 177cm・65kg 20試合・1得点
(MKドンズ/3部)
ニコラ・ヴラシッチ
(Nikola Vlasic)
11 AM 🇭🇷 クロアチア代表 1997年10月4日 178cm・72kg 19試合・1得点
パブロ・フォルナルス
(Pablo Fornals)
8 AM 🇪🇸 スペイン代表 1996年2月22日 178cm・67kg 36試合・6得点
マヌエル・ランシーニ
(Manuel Lanzini)
10 AM 🇦🇷 アルゼンチン代表 1993年2月15日 167cm・59kg 30試合・5得点
ジャロッド・ボーウェン
(Jarrod Bowen)
20 RW 🏴󠁧󠁢󠁥󠁮󠁧󠁿 イングランド代表 1996年12月20日 175cm・70kg 36試合・12得点
サイード・ベンラフマ
(Saïd Benrahma)
22 LW 🇩🇿 アルジェリア代表 1995年8月10日 172cm・67kg 32試合・8得点
ミカイル・アントニオ
(Michail Antonio)
9 CF 🇯🇲 ジャマイカ代表 1990年3月28日 180cm・82kg 36試合・10得点

 

移籍市場|2022/2023シーズン夏

移籍IN

▼DF
ナイフ・アゲルド(←レンヌ/FRA)

移籍OUT

▼GK
デイビッド・マーティン(→未定)
▼DF
ライアン・フレデリクス(→ボーンマス)
▼MF
アレックス・クラール(→スパルタク・モスクワ/RUS)
マーク・ノーブル(→引退)
▼FW
アンドリー・ヤルモレンコ(→未定)

 

ウェストハム2021-2022 / フォーメーション(スタメン)

基本フォーメーション

ウェストハム21-22フォーメーション(スタメン)

 

21/22リーグ戦使用フォーメーション

4-2-3-1
30試合:13勝7分10敗/49得点・38失点
3-4-2-1
4試合:2勝0分2敗/5得点・6失点
4-3-3
2試合:1勝0分1敗/2得点・2失点
4-3-1-2
1試合:0勝1分0敗/2得点・2失点
4-4-2
1試合:0勝0分1敗/2得点・3失点

 

2010〜2019年までのフォーメーション(スタメン)はこちら

ウェストハムの歴代フォーメーション・成績【2010〜2019】7位に躍進した15/16シーズンを除けば、上位進出もできる豊富な戦力を持て余している印象。 エバートンを安定感抜群のチームに作り上...

 

ウェストハムのキーマン3選手

ミカイル・アントニオ|ジャマイカ代表

 

プロフィール

ミカイル・アントニオ
(Michail Antonio)
生年月日:1990年3月28日
身長/体重:180cm・82kg
ポジション:CF
利き足:右足
代表:ジャマイカ代表
21/22シーズン成績
36試合・10得点
推定市場価格:1,000万€

モイーズが覚醒させたモンスター

モイーズによってCFに固定され、2シーズン連続の二桁ゴールと覚醒したモンスター。

開幕戦のゴールで、ディ・カーニオが持っていたハマーズのプレミア最多得点記録(48)を塗り替えた

9月には母国ジャマイカ代表でのプレーを選択。怪我の多さはネックだが、健康体なら15〜20ゴールも十分可能だ。

ニコラ・ヴラシッチ|クロアチア代表

 

プロフィール

ニコラ・ヴラシッチ
(Nikola Vlasic)
生年月日:1997年10月4日
身長/体重:178cm・79kg
ポジション:AM
利き足:右足
代表:クロアチア代表
21/22シーズン成績
19試合・1得点
推定市場価格:2,200万€

リンガードの代役が務まるか

ロシアで逞しさを増したクロアチア屈指のアタッカーが、満を辞してイングランドに再上陸。

若さを露呈したエバートン時代と違い、フィジカル、スキル、ゴールへの意識すべてにおいてスケールアップした印象だ。

本命だったリンガードのセカンドプランではあるものの、代役以上の貢献ができる可能性を十分秘めている。

デクラン・ライス|イングランド代表

 

プロフィール

デクラン・ライス
(Declan Rice)
生年月日:1999年1月14日
身長/体重:185cm・80kg
ポジション:CM
利き足:右足
代表:イングランド代表
21/22シーズン成績
36試合・1得点
推定市場価格:8,000万€

イングランドのマスチェラーノ

ファーディナンドやランパードを生んだ育成の名門、ハマーズアカデミーが排出した近年の最高傑作

隙のないエレガントな守備から正確なパスワークで局面を前に進める、"イングランドのマスチェラーノ"だ。

EURO全試合の先発出場を果たし、国内のメガクラブがこぞって狙う人気銘柄の残留こそ、今夏最大の補強といえるだろう。

 

今季のハマーズはこの若手に注目

アレックス・クラール|チェコ代表

 

プロフィール

アレックス・クラール
(Alex Kral)
生年月日:1998年5月19日
身長/体重:186cm・78kg
ポジション:CM
利き足:右足
代表:チェコ代表
21/22シーズン成績
1試合・0得点
推定市場価格:700万€

ハマーズ"3人目のチェコ代表"

近年の成功事例をみると期待せずにはいられない"3人目のチェコ代表"

風貌はダビド・ルイスだが本職はMFで、闘志で前面に出して防波堤になるだけでなく、水準以上のテクニックも併せ持つ。

ライス、ソーチェクが盤石の中盤センターでスタメン確保は難しいが、頼れる3番手として出番機会は巡ってくるはずだ。

 

ウェストハム2021-2022 / チーム内ランキング

※参考:Who Scored

プレミアリーグ21/22ゴール数

1 ジャロッド・ボーウェン 12
2 ミカイル・アントニオ 10
3 サイード・ベンラフマ 8
4 パブロ・フォルナルス 6
5 マヌエル・ランシーニ 5

 

プレミアリーグ21/22アシスト数

1 ジャロッド・ボーウェン 10
2 ミカイル・アントニオ 8
3 サイード・ベンラフマ 6
4 デクラン・ライス 4
4 ウラジミール・ツォウファル 4

 

プレミアリーグ21/22パス成功率

1 マヌエル・ランシーニ 91.9%
2 デクラン・ライス 91.6%
3 クルト・ズマ 87.7%
4 アーロン・クレスウェル 82.6%
5 サイード・ベンラフマ 81.1%

 

プレミアリーグ21/22出場試合時間

1 ウカシュ・ファビアンスキ 3,330
2 デクラン・ライス 3,178
3 トマシュ・ソーチェク 3,062
4 ジャロッド・ボーウェン 2,993
5 ミカイル・アントニオ 2,981

 

プレミアリーグ21/22評価点

1 ジャロッド・ボーウェン 7.15
2 デクラン・ライス 7.10
3 トマシュ・ソーチェク 6.98
4 ミカイル・アントニオ 6.94
5 サイード・ベンラフマ 6.87

 

推定市場価格ランキング

1 デクラン・ライス 8,000万€
2 トマシュ・ソーチェク 4,500万€
3 ジャロッド・ボーウェン 4,200万€
4 クルト・ズマ 2,800万€
5 サイード・ベンラフマ 2,500万€

 

【FIFA22】能力値ランキング

1 デクラン・ライス 83
2 ウカシュ・ファビアンスキ 82
2 トマシュ・ソーチェク 82
4 クルト・ズマ 81
4 アルフォンス・アレオラ 81

 

 

プレミアリーグ全20クラブの選手一覧はこちら

当サイトでは、ウェストハム・ユナイテッドを含むプレミアリーグ全20クラブのメンバーリストを紹介しています。

その他のクラブはこちらからチェックしてみてください。↓

 

 

RELATED POST