ブンデスリーガ

1.FC ケルン 2022-2023【選手一覧・フォーメーション・スタメン】

たとえバイエルン相手でも真っ向から勝負を挑むバウムガルト流攻撃サッカーがハマリ、見事ECL出場権を獲得。

来季は戦力をさらに拡充し、欧州の舞台でも大暴れしたい、ブンデスリーガの初代王者「1.FC ケルン」のチーム紹介です。

  • スタジアム・監督などのクラブデータ
  • 選手一覧(登録メンバー)
  • 基本フォーメーション(スタメン)
  • 2022/2023シーズンの移籍市場
  • チームのキープレイヤー+今季注目の若手
  • チーム内ランキング

これら気になる情報を大公開!ブンデスリーガ好きの方必見の内容になっています。

ケルン / クラブデータ

クラブ 1.FC ケルン
(1. FC Köln)
創設 1948年
ホームタウン ケルン
(人口:1,061,000人)
スタジアム ラインエネルギー・シュタディオン
(RheinEnergie Stadion)
収容人数 50,400人
監督 ステフェン・バウムガルト
(Steffen Baumgart)
平均年齢 25.2歳
市場価格 8,748万€
公式サイト
SNS
    

 

ケルン2022-2023 / 選手一覧

選手名 背番号 POS 国籍・代表 生年月日 身長・体重 昨シーズン成績(所属チーム) 備考
マルヴィン・シュベーベ
(Marvin Schwäbe)
20 GK 🇩🇪 元U-21ドイツ代表 1995年4月25日 190cm・86kg 21試合・0得点
ティモ・ホルン
(Timo Horn)
1 GK 🇩🇪 元U-21ドイツ代表 1993年5月12日 192cm・90kg 13試合・0得点
ヨナス・ウルビヒ
(Jonas Urbig)
40 GK 🇩🇪 U-19ドイツ代表 2003年8月8日 189cm・74kg 0試合・0得点
マティアス・コビン
(Matthias Köbbing)
44 GK 🇩🇪 ドイツ 1997年5月28日 196cm・94kg 0試合・0得点
ティモ・ヒューバース
(Timo Hübers)
4 CB 🇩🇪 ドイツ 1996年7月20日 190cm・82kg 20試合・1得点
ルカ・キリアン
(Luca Kilian)
15 CB 🇩🇪 元U-21ドイツ代表 1999年9月1日 192cm・91kg 30試合・1得点
ユリアン・シャボー
(Julian Chabot)
24 CB 🇩🇪 元U-21ドイツ代表 1998年2月12日 195cm・85kg 4試合・0得点
ニコラ・ソルド
(Nikola Soldo)
5 CB 🇭🇷 U-21クロアチア代表 2001年1月25日 189cm・89kg 31試合・2得点
(ロコモティヴァ/CRO)
新加入
ベンノ・シュミッツ
(Benno Schmitz)
2 RSB 🇩🇪 ドイツ 1994年11月17日 182cm・75kg 31試合・0得点
キングスレイ・シンドラー
(Kingsley Schindler)
17 RSB 🇩🇪 ドイツ 1993年7月12日 183cm・80kg 18試合・1得点
ヨナス・ヘクター (C)
(Jonas Hector)
14 LSB 🇩🇪 元ドイツ代表 1990年5月27日 185cm・75kg 30試合・0得点
クリスティアン・ペデルセン
(Kristian Pedersen)
3 LSB 🇩🇰 デンマーク代表 1994年8月4日 189cm・83kg 37試合・2得点
(バーミンガム/ENG2部)
新加入
エリス・スキリ
(Ellyes Skhiri)
28 CM 🇹🇳 チュニジア代表 1995年5月10日 185cm・74kg 22試合・4得点
デヤン・リュビチッチ
(Dejan Ljubicic)
7 CM 🇦🇹 オーストリア代表 1997年10月8日 187cm・74kg 30試合・3得点
エリック・マルテル
(Eric Martel)
6 CM 🇩🇪 U-21ドイツ代表 2002年4月29日 188cm・80kg 29試合・2得点
(オーストリア・ウィーン/AUT)
新加入
マティアス・オレセン
(Mathias Olesen)
47 CM 🇱🇺 ルクセンブルグ代表 1998年1月11日 188cm・-kg 3試合・0得点
デニス・フセインバシッチ
(Denis Huseinbasic)
8 CM 🇩🇪 ドイツ 2001年7月3日 184cm・70kg 33試合・4得点
(オッフェンバッハ/4部)
復帰
オンドレイ・ドゥダ
(Ondrej Duda)
18 AM 🇸🇰 スロバキア代表 1994年12月5日 181cm・75kg 31試合・2得点
ヤン・ティールマン
(Jan Thielmann)
29 RW 🇩🇪 U-21ドイツ代表 2002年5月26日 178cm・72kg 29試合・3得点
ディミトリオス・リムニオス
(Dimitrios Limnios)
42 RW 🇬🇷 ギリシャ代表 1998年5月27日 180cm・71kg 33試合・8得点
(トゥウェンテ/NED)
復帰
リントン・マイナ
(Linton Maina)
37 RW 🇩🇪 元U-21ドイツ代表 1999年6月23日 173cm・70kg 27試合・6得点
(ハノーファー/2部)
新加入
フロリアン・カインツ
(Florian Kainz)
11 LW 🇦🇹 オーストリア代表 1992年10月24日 176cm・71kg 32試合・4得点
マルク・ウート
(Mark Uth)
13 CF 🇩🇪 ドイツ代表 1991年8月24日 185cm・72kg 30試合・5得点
サルギス・アダムヤン
(Sargis Adamyan)
23 CF 🇦🇲 アルメニア代表 1993年5月23日 184cm・78kg 9試合・5得点
(クラブ・ブルージュ/BEL)
新加入
セバスチャン・アンデション
(Sebastian Andersson)
9 CF 🇸🇪 スウェーデン代表 1991年7月15日 190cm・86kg 26試合・3得点
ティム・レンペルレ
(Tim Lemperle)
25 CF 🇩🇪 U-21ドイツ代表 2002年2月5日 187cm・78kg 13試合・2得点
ステファン・ティッゲス
(Steffen Tigges)
21 CF 🇩🇪 ドイツ 1998年7月31日 193cm・90kg 9試合・3得点
(ドルトムント)
新加入
フロリアン・ディーツ
(Florian Dietz)
33 CF 🇩🇪 ドイツ 1998年8月3日 190cm・81kg 0試合・0得点

 

移籍市場|2022/2023シーズン夏

移籍IN
PO 選手名 クラブ
DF ニコラ・ソルド ←ロコモティヴァ/CRO
  クリスティアン・ペデルセン ←バーミンガム/ENG2部
MF エリック・マルテル ←オーストリア・ウィーン/AUT
  デニス・フセインバシッチ ←オッフェンバッハ/4部
FW ディミトリオス・リムニオス ←トゥウェンテ/NED
  リントン・マイナ ←ハノーファー/2部
  サルギス・アダムヤン ←クラブ・ブルージュ/BEL
  ステファン・ティッゲス ←ドルトムント

 

移籍OUT
PO 選手名 クラブ
DF ブライト・アレイ=ムビ →ハノーファー/2部
  キングスレイ・エヒジブエ →ウディネーゼ/ITA
  ヤネス・ホルン →ボーフム
MF サリフ・エズジャン →ドルトムント
  ニクラス・ハウプトマン →ディナモ・ドレスデン/3部
  ルイス・シャウプ →ハノーファー/2部
  トマーシュ・オストラク →セントルイス/MLS
FW マルビン・オブズ →キール/2部
  アンソニー・モデスト →ドルトムント

 

 

ケルン2022-2023 / フォーメーション(スタメン)

基本フォーメーション

ケルン22-23開幕直後のフォーメーション(スタメン)

 

21/22リーグ戦使用フォーメーション

4-1-3-2
20試合:9勝7分4敗/31得点・30失点
4-2-3-1
14試合:5勝3分6敗/21得点・19失点

 

過去のフォーメーション(スタメン)はこちら

1.FC ケルンの歴代フォーメーション・成績【2010〜2019】昇格降格の繰り返しだったこの10年は、エースのモデストが爆発してEL出場権を獲得した16/17シーズンがハイライト。 1963年に...

 

 

ケルン21-22のキープレイヤー

アンソニー・モデスト|元U-21フランス代表

 

プロフィール

アンソニー・モデスト
(Anthony Modeste)
生年月日:1988年4月14日
身長/体重:187cm・84kg
ポジション:CF
利き足:右足
代表:元U-21フランス代表
21/22シーズン成績
32試合・20得点
推定市場価格:300万€

華麗に復活した元エース

今夏の放出候補から一転、バウムガルト流に不可欠な点取り屋へと復活を遂げた元エース。

圧巻のパワーと豪快なヘディングを武器に、25得点と大暴れした16/17シーズンの躍動感が戻った印象だ。

5節ライプツィヒで決めた涙のゴールは、3年前に亡くなった父ガイさんに捧げる得点で、世界中に多くの感動を与えた。

エリス・スキリ|チュニジア代表

 

プロフィール

エリス・スキリ
(Ellyes Skhiri)
生年月日:1995年5月10日
身長/体重:185cm・69kg
ポジション:CM
利き足:右足
代表:チュニジア代表
21/22シーズン成績
22試合・4得点
推定市場価格:1,300万€

20/21ブンデススタミナキング

396kmの総走行距離を記録し、昨シーズンのブンデススタミナキングとなったハードワーカー。

ピッチを縦横無尽にかけながら、ハードなタックルでボールを回収。今夏はミラン行きも噂された。

前輪駆動型の戦術とシステムなだけに、中盤の守備を一身に背負うチュニジア代表の出来が、シーズンの行方を左右する。

ヨナス・ヘクター|ドイツ代表

 

プロフィール

ヨナス・ヘクター
(Jonas Hector)
生年月日:1990年5月27日
身長/体重:185cm・75kg
ポジション:LSB / CM
利き足:左足
代表:元ドイツ代表
21/22シーズン成績
30試合・0得点
推定市場価格:350万€

ここ一番で頼れる"ミスター・ケルン"

有力クラブからのオファーを蹴り続け、チーム一筋12年目を迎えた"ミスター・ケルン"

1戦目を落とし、引き分けでも降格が決まる昇格プレーオフ2戦目、開始3分の先制点でチームの窮地を救うなど、ここ一番で頼りになる主将だ。

昨シーズンは、セントラルMFでのプレーがメインだったが、今季は本職の左サイドに戻り、正確無比なクロスでチャンスを演出する。

 

21-22のケルンはこの若手に注目!

ヤン・ティールマン|ドイツ

 

プロフィール

ヤン・ティールマン
(Jan Thielmann)
生年月日:2001年4月13日
身長/体重:178cm・70kg
ポジション:RW
利き足:右足
代表:U-21ドイツ代表
21/22シーズン成績
29試合・3得点
推定市場価格:750万€

自慢のアカデミーが輩出した新鋭

イルクナーやポドルスキを生んだ、ケルン自慢のアカデミーが輩出したアタッカーの新鋭。

U-17時代からずば抜けていたドリブルとクロスで好機を作り出し、前線を精力的に動き回りながら活性化を図る。

躍動感のあるドリブルで、崩しの切り札を担ったヤコブスを忘れさせる活躍ができるか。

 

ケルン2021-2022 / チーム内ランキング

※参考:Who Scored

ブンデスリーガ21/22ゴール数

1 アンソニー・モデスト 20
2 マルク・ウート 5
3 エリス・スキリ 4
3 フロリアン・カインツ 4
5 デヤン・リュビチッチ 3

 

ブンデスリーガ21/22アシスト数

1 マルク・ウート 8
2 ヨナス・ヘクター 6
3 ベンノ・シュミッツ 5
4 フロリアン・カインツ 4
5 アンソニー・モデスト 3

 

ブンデスリーガ21/22パス成功率

1 エリス・スキリ 84.6%
2 サリフ・エズジャン 84.1%
3 ルカ・キリアン 84.0%
4 ティモ・ヒューバース 82.9%
5 マルヴィン・シュベーベ 81.4%

 

ブンデスリーガ21/22出場試合時間

1 アンソニー・モデスト 2,620
2 ヨナス・ヘクター 2,556
3 ベンノ・シュミッツ 2,433
4 フロリアン・カインツ 2,347
5 サリフ・エズジャン 2,310

 

ブンデスリーガ21/22評価点

1 アンソニー・モデスト 7.11
2 ティモ・ヒューバース 7.06
3 マルク・ウート 7.00
4 エリス・スキリ 6.98
5 ヨナス・ヘクター 6.97

 

推定市場価格ランキング

1 エリス・スキリ 1,300万€
2 ティモ・ヒューバース 750万€
2 デヤン・リュビチッチ 750万€
2 ヤン・ティールマン 750万€
5 ルカ・キリアン 450万€

 

【FIFA22】能力値ランキング

1 エリス・スキリ 79
1 オンドレイ・ドゥダ 79
3 ヨナス・ヘクター 78
4 サリフ・エズジャン 77
5 マルク・ウート 76

 

 

ブンデスリーガ全18クラブの選手一覧はこちら

当サイトでは、1FCケルンを含むブンデスリーガ全18クラブのメンバーリストを紹介しています。

気になる方はそちらもチェックしてください。

サッカー・ブンデスリーガ 2022-2023【全18チーム選手一覧】ブンデスリーガ2022-2023シーズン全18チームの選手一覧です。スタジアム・監督などのクラブデータ・選手一覧(登録メンバー)・基本フォーメーション(スタメン)・2022/2023シーズンの移籍市場・チームのキーマン3選手+注目の若手・チーム内ランキングなど、各クラブの情報を掲載しています。...