ブンデスリーガ

アイントラハト・フランクフルト 2021-2022【選手一覧・フォーメーション・スタメン】

リーグ戦は勝ち切れないゲームが続いたが、ELではバルサを筆頭に難敵を次々と破り、42年ぶりに優勝を勝ち取る快挙を達成。

来シーズンは、年間15ゴールを保障できるエースを手に入れ、CLの戦いに備えたい「アイントラハト・フランクフルト」のチーム紹介です。

  • スタジアム・監督などのクラブデータ
  • 選手一覧(登録メンバー)
  • 基本フォーメーション(スタメン)
  • 2021/2022シーズンの移籍市場
  • チームのキーマン3選手+今季注目の若手
  • チーム内ランキング

これら気になる情報を大公開!ブンデスリーガ好きの方必見の内容になっています。

フランクフルト / クラブデータ

クラブ アイントラハト・フランクフルト
(Eintracht Frankfurt)
創設 1899年
ホームタウン フランクフルト
(人口:753,000人)
スタジアム ドイチェ・バンク・パルク
(Deutsche Bank Park)
収容人数 51,500人
監督 オリバー・グラスナー
(Oliver Glasner)
平均年齢 25.3歳
市場価格 1億9,905万€
公式サイト     

 

フランクフルト2021-2022 / 選手一覧

選手名 背番号 POS 国籍・代表 生年月日 身長・体重 シーズン成績(所属チーム) 備考
ケビン・トラップ
(Kevin Trapp)
1 GK 🇩🇪 ドイツ代表 1990年7月8日 189cm・88kg 32試合・0得点
ディアント・ラマイ
(Diant Ramaj)
40 GK 🇩🇪 U-20ドイツ代表 2001年9月19日 189cm・80kg 1試合・0得点 新加入
イェンス・グラール
(Jens Grahl)
31 GK 🇩🇪 ドイツ 1999年9月22日 192cm・91kg 1試合・0得点 新加入
ヤニック・ホルツ
(Jannik Horz)
47 GK 🇩🇪 ドイツ 2003年4月14日 193cm・81kg 0試合・0得点
エバン・エヌディカ
(Evan N'Dicka)
2 CB 🇫🇷 元U-21フランス代表 1999年8月20日 192cm・80kg 32試合・4得点
トゥタ
(Tuta)
35 CB 🇧🇷 ブラジル 1999年7月4日 185cm・75kg 26試合・4得点
マルティン・ヒンターエッガー
(Martin Hinteregger)
13 CB 🇦🇹 オーストリア代表 1992年9月7日 186cm・83kg 26試合・1得点
ダニー・ダ・コスタ
(Danny da Costa)
24 RSB 🇩🇪 元U-21ドイツ代表 1993年7月13日 187cm・85kg 11試合・0得点 復帰
アルマミー・トゥーレ
(Almamy Touré)
18 RSB 🇫🇷 元U-21フランス代表 1996年4月28日 183cm・72kg 10試合・0得点
エリック・ドゥルム
(Erik Durm)
37 RSB 🇩🇪 元ドイツ代表 1992年5月12日 182cm・72kg 7試合・0得点
ティモシー・チャンドラー
(Timothy Chandler)
22 RSB 🇺🇸 アメリカ代表 1990年3月29日 187cm・84kg 17試合・0得点
クリストファー・レンツ
(Christopher Lenz)
25 LSB 🇩🇪 ドイツ 1994年9月22日 181cm・81kg 15試合・0得点 新加入
ヤン・シュローダー
(Jan Schröder)
49 LSB 🇩🇪 ドイツ 2003年4月15日 182cm・-kg 0試合・0得点
ジブリル・ソウ
(Djibril Sow)
8 CM 🇨🇭 スイス代表 1997年2月6日 184cm・77kg 31試合・2得点
クリスティヤン・ヤキッチ
(Kristijan Jakic)
6 CM 🇭🇷 クロアチア代表 1997年5月14日 181cm・75kg 26試合・1得点 新加入
アイディン・フルスティッチ
(Ajdin Hrustic)
7 CM 🇦🇺 オーストラリア代表 1996年7月5日 183cm・74kg 23試合・2得点
セバスチャン・ロデ (C)
(Sebastian Rode)
17 CM 🇩🇪 元U-21ドイツ代表 1990年10月11日 180cm・75kg 17試合・1得点
シュテファン・イルザンカー
(Stefan Ilsanker)
3 CM 🇦🇹 オーストリア代表 1989年5月18日 189cm・87kg 12試合・0得点
長谷部誠
(Makoto Hasebe)
20 CM 🇯🇵 元日本代表 1984年1月18日 180cm・72kg 18試合・0得点
フィリップ・コスティッチ
(Filip Kostic)
10 LM 🇷🇸 セルビア代表 1992年11月1日 184cm・82kg 31試合・4得点
鎌田大地
(Daichi Kamada)
15 AM 🇯🇵 日本代表 1996年8月5日 184cm・72kg 32試合・4得点
イェスパー・リンドストロム
(Jesper Lindström)
29 AM 🇩🇰 デンマーク代表 2000年2月29日 182cm・66kg 29試合・5得点 新加入
アイメン・バルコク
(Aymen Barkok)
27 AM 🇩🇪 元U-21ドイツ代表 1998年5月21日 189cm・78kg 5試合・0得点
アントニオ・フォティ
(Antonio Foti)
46 AM 🇨🇾 U-19キプロス代表 2003年1月13日 180cm・-kg 0試合・0得点
イェンス・ペッター・ハウゲ
(Jens Petter Hauge)
23 RW 🇳🇴 ノルウェー代表 1999年10月12日 183cm・75kg 26試合・2得点 新加入
アンスガー・クナウフ
(Ansgar Knauff)
36 RW 🇩🇪 U-21ドイツ代表 2002年1月10日 180cm・73kg 12試合・1得点 新加入
ラファエル・ボレ
(Rafael Borré)
19 CF 🇨🇴 コロンビア代表 1995年9月15日 174cm・70kg 31試合・8得点 新加入
ゴンサロ・パシエンシア
(Gonçalo Paciência)
39 CF 🇵🇹 ポルトガル代表 1994年8月1日 184cm・70kg 18試合・3得点 復帰
サム・ランメルス
(Sam Lammers)
9 CF 🇳🇱 元U-21オランダ代表 1997年4月30日 189cm・77kg 15試合・1得点 新加入
ラグナル・アヘ
(Ragnar Ache)
21 CF 🇩🇪 元U-21ドイツ代表 1998年7月28日 183cm・77kg 13試合・0得点
エンリケ・エレーロ・ガルシア
(Enrique Herrero García)
38 CF 🇪🇸 U-17スペイン代表 2005年1月28日 173cm・67kg 0試合・0得点 新加入

 

移籍市場|2021/2022シーズン冬

移籍IN

▼FW
アンスガー・クナウフ(←ドルトムント)

移籍OUT

▼FW
アミン・ユーネス(→アル・イテファク/KSA)
ファビオ・ブランコ(→バルセロナB/SPA2部B)

 

フランクフルト2021-2022 / フォーメーション(スタメン)

基本フォーメーション

フランクフルト21-22フォーメーション(スタメン)

 

フォーメーション(シーズン中盤)

フランクフルト21-22中盤戦のフォーメーション(スタメン)

 

フォーメーション(シーズン開幕直後)

フランクフルト21-22開幕直後のフォーメーション(スタメン)

 

21/22リーグ戦使用フォーメーション

3-4-2-1
25試合:9勝7分9敗/36得点・37失点
4-2-3-1
4試合:0勝4分0敗/4得点・4失点
3-4-1-2
2試合:0勝0分2敗/1得点・4失点
3-5-2
2試合:1勝0分1敗/3得点・3失点
4-4-2
1試合:0勝1分0敗/1得点・1失点

 

2010〜2019年までのフォーメーション(スタメン)はこちら

フランクフルトの歴代フォーメーション・成績【2010〜2019】DFBポカールを制した勢いそのままに、翌年望外のELベスト4入りを果たした18/19シーズンがこの10年のハイライト。ドイツで実績のなかったコヴァチ、ヒュッターを抜擢するなど、監督人事の巧さも光った「フランクフルト」の2010年代を布陣・成績で振り返っていきます。...

 

フランクフルトのキーマン3選手

ラファエル・ボレ|コロンビア代表

 

プロフィール

ラファエル・ボレ
(Rafael Borré)
生年月日:1995年9月15日
身長/体重:174cm・70kg
ポジション:CF
利き足:右足
代表:コロンビア代表
21/22シーズン成績
31試合・8得点
推定市場価格:1,700万€

ポストA・シウバが務まるか

ライプツィヒに去ったA・シウバの後継にクラブが選んだのは、リーベルでゴールを量産していたコロンビア産ストライカー。

組み立てへの関与はほとんどない典型的な9番タイプで、ゴールへの嗅覚、エリア内の強さは同郷のファルカオを思わせる。

ここまでは1ゴールと苦戦しているが、ビジャレアル以来自身2度目の挑戦となる欧州で、華を咲かせることはできるのか。

鎌田大地|日本代表

 

プロフィール

鎌田大地
(Daichi Kamada)
生年月日:1996年8月5日
身長/体重:184cm・72kg
ポジション:AM
利き足:右足
代表:日本代表
21/22シーズン成績
32試合・4得点
推定市場価格:2,200万€

リーグ屈指のラストパサー

リーグ3位の12アシストを記録し、強豪クラブも注目する人気銘柄へと成長を遂げた10番タイプのラストパサー。

課題だったフィジカル面が改善されたことで、変幻自在のドリブルや、当てるだけで入る丁寧なスルーパスに一層磨きがかかった印象だ。

新加入のボレ、ランメルスとホットラインを構築できれば、2年連続二桁アシストも夢ではない。

フィリップ・コスティッチ|セルビア代表

 

プロフィール

フィリップ・コスティッチ
(Filip Kostic)
生年月日:1992年11月1日
身長/体重:184cm・82kg
ポジション:LM / LW
利き足:左足
代表:セルビア代表
21/22シーズン成績
31試合・4得点
推定市場価格:2,000万€

ブンデス屈指のウイングバック

昨シーズンも14アシストをマークし、3シーズン連続で二桁アシストを記録したブンデス屈指のWB。

90分衰えない運動量とトップスピードからの高速クロスで多くの決定機を演出。特にシウバ、鎌田とは抜群のコンビネーションを見せた。

今夏はラツィオ移籍に揺れ、モチベーションの低下も懸念されたが、ここまで2ゴール・3アシストと不安を払拭する活躍をみせている。

 

今季のフランクフルトはこの若手に注目!

エバン・エヌディカ|フランス

 

プロフィール

エバン・エヌディカ
(Evan N'Dicka)
生年月日:1999年8月20日
身長/体重:192cm・80kg
ポジション:CB / LSB
利き足:左足
代表:元U-21フランス代表
21/22シーズン成績
32試合・4得点
推定市場価格:2,800万€

総合力の高いCBの超逸材

個人的になぜ人気銘柄にならないのかわからないほど、高い能力を持った左利きのCB。

長身を活かした対人プレーはもちろん、機動力・ボールスキルも備えており、長谷部らベテラン達から個人戦術を学ぶ、勉強熱心な一面も高評価。

カードの多さは要改善だが、いずれメガクラブで活躍しても何ら不思議ではないビッグタレントだ。

 

フランクフルト2021-2022 / チーム内ランキング

※参考:Who Scored

ブンデスリーガ21/22ゴール数

1 ラファエル・ボレ 8
2 イェスパー・リンドストロム 5
3 フィリップ・コスティッチ 4
3 鎌田大地 4
3 エバン・エヌディカ 4

 

ブンデスリーガ21/22アシスト数

1 フィリップ・コスティッチ 9
2 ラファエル・ボレ 4
2 エバン・エヌディカ 4
2 イェスパー・リンドストロム 4
5 ジブリル・ソウ 3

 

ブンデスリーガ21/22パス成功率

1 エバン・エヌディカ 84.2%
2 ジブリル・ソウ 82.9%
3 鎌田大地 79.4%
4 トゥタ 79.0%
5 マルティン・ヒンターエッガー 76.9%

 

ブンデスリーガ21/22出場試合時間

1 ケビン・トラップ 2,880
2 エバン・エヌディカ 2,858
3 フィリップ・コスティッチ 2,525
4 ジブリル・ソウ 2,422
5 ラファエル・ボレ 2,391

 

ブンデスリーガ21/22評価点

1 フィリップ・コスティッチ 7.11
2 エバン・エヌディカ 7.06
3 ラファエル・ボレ 6.79
4 イェスパー・リンドストロム 6.76
5 トゥタ 6.75

 

推定市場価格ランキング

1 エバン・エヌディカ 2,800万€
2 鎌田大地 2,200万€
3 フィリップ・コスティッチ 2,000万€
4 ジブリル・ソウ 1,750万€
5 ラファエル・ボレ 1,700万€

 

【FIFA22】能力値ランキング

1 フィリップ・コスティッチ 84
1 ケビン・トラップ 84
3 エバン・エヌディカ 80
3 鎌田大地 80
5 マルティン・ヒンターエッガー 79

 

 

ブンデスリーガ全18クラブの選手一覧はこちら

当サイトでは、フランクフルトを含むブンデスリーガ全18クラブのメンバーリストを紹介しています。

その他のクラブはこちらからチェックしてみてください。↓

サッカー・ブンデスリーガ 2021-2022【全18チーム選手一覧】ブンデスリーガ2021-2022シーズン全18チームの選手一覧です。スタジアム・監督などのクラブデータ・選手一覧(登録メンバー)・基本フォーメーション(スタメン)・2021/2022シーズンの移籍市場・チームのキーマン3選手+注目の若手・チーム内ランキングなど、各クラブの情報を掲載しています。...