ブンデスリーガ

アイントラハト・フランクフルト 2020-2021【選手一覧・フォーメーション・スタメン】

移籍したレビッチ、アレ、ヨビッチの穴を、新戦力の鎌田、アンドレ・シウバが埋め一桁順位でフィニッシュ。

国内リーグに集中できる今季は、更なる飛躍も期待できる「アイントラハト・フランクフルト」のチーム紹介です。

  • スタジアム・監督などのクラブデータ
  • 選手一覧(登録メンバー)
  • 基本フォーメーション(スタメン)
  • 2020/2021シーズンの移籍市場
  • チームのキーマン3選手+今季注目の若手
  • チーム内ランキング

これら気になる情報を大公開!ブンデスリーガ好きの方必見の内容になっています。

フランクフルト/クラブデータ

クラブ アイントラハト・フランクフルト
(Eintracht Frankfurt)
創設 1899年
ホームタウン フランクフルト(人口:753,000人)
スタジアム コメルツバンク・アレーナ
(Commerzbank Arena)
収容人数 51,500人
監督 アディ・ヒュッター
(Adi Hutter)
平均年齢 25.3歳
市場価格 2億4,405万€
公式サイト     

 

フランクフルト/選手一覧

選手名 背番号 POS 国籍・代表 生年月日 身長・体重 昨シーズン成績(所属チーム) 備考
ケビン・トラップ
(Kevin Trapp)
1 GK 🇩🇪 ドイツ代表 1990年7月8日 189cm・88kg 33試合・0得点
マルクス・シューベルト
(Markus Schubert)
23 GK 🇩🇪 U-21ドイツ代表 1998年6月12日 187cm・84kg 0試合・0得点 新加入
エリアス・ボードナー
(Elias Bördner)
40 GK 🇩🇪 ドイツ 2002年2月18日 188cm・-kg 1試合・0得点
エバン・エヌディカ
(Evan N'Dicka)
2 CB 🇫🇷 U-21フランス代表 1999年8月20日 192cm・80kg 23試合・3得点
マルティン・ヒンターエッガー
(Martin Hinteregger)
13 CB 🇦🇹 オーストリア代表 1992年9月7日 184cm・83kg 29試合・2得点
トゥタ
(Tuta)
35 CB 🇧🇷 ブラジル 1999年7月4日 184cm・75kg 19試合・0得点 復帰
フィン・オット
(Fynn Otto)
31 CB 🇩🇪 ドイツ 2002年3月8日 192cm・84kg 0試合・0得点
フェリックス・イロレレ
(Felix Irorere)
41 CB 🇩🇪 ドイツ 2002年6月21日 195cm・-kg 0試合・0得点
ヤニック・ブルッガー
(Yannick Brugger)
38 CB 🇩🇪 ドイツ 2001年1月17日 190cm・84kg 0試合・0得点
アルマミー・トゥーレ
(Almamy Touré)
18 RSB 🇫🇷 U-21フランス代表 1996年4月28日 183cm・72kg 17試合・1得点
ティモシー・チャンドラー
(Timothy Chandler)
22 RSB 🇺🇸 アメリカ代表 1990年3月29日 186cm・84kg 15試合・1得点
エリック・ドゥルム
(Erik Durm)
25 RSB 🇩🇪 ドイツ代表 1992年5月12日 183cm・72kg 21試合・1得点
イェトロ・ウィレムス
(Jetro Willems)
30 LSB 🇳🇱 オランダ代表 1994年3月30日 169cm・65kg 0試合・0得点 復帰
シュテファン・イルザンカー
(Stefan Ilsanker)
3 CM 🇦🇹 オーストリア代表 1989年5月18日 190cm・87kg 27試合・1得点
長谷部誠 (C)
(Makoto Hasebe)
20 CM 🇯🇵 元日本代表 1984年1月18日 180cm・72kg 29試合・0得点
ルーカス・ファーンベルガー
(Lukas Fahrnberger)
36 CM 🇦🇹 オーストリア 2001年1月18日 182cm・72kg 0試合・0得点
ジブリル・ソウ
(Djibril Sow)
8 CM 🇨🇭 スイス代表 1997年2月6日 184cm・77kg 28試合・0得点
セバスチャン・ロデ
(Sebastian Rode)
17 CM 🇩🇪 元U-21ドイツ代表 1990年10月11日 179cm・75kg 27試合・1得点
フィリップ・コスティッチ
(Filip Kostic)
10 LM 🇷🇸 セルビア代表 1992年11月1日 184cm・82kg 30試合・4得点
スティーブン・ツバー
(Steven Zuber)
11 LM 🇨🇭 スイス代表 1991年8月17日 182cm・79kg 20試合・0得点 新加入
鎌田大地
(Daichi Kamada)
15 AM 🇯🇵 日本代表 1996年8月5日 180cm・72kg 32試合・5得点
アミン・ユーネス
(Amin Younes)
32 AM 🇩🇪 ドイツ代表 1993年8月6日 168cm・70kg 26試合・3得点 新加入
アイメン・バルコク
(Aymen Barkok)
27 AM 🇩🇪 元U-21ドイツ代表 1998年5月21日 188cm・75kg 26試合・2得点 復帰
アイディン・フルスティッチ
(Ajdin Hrustic)
7 AM 🇦🇺 オーストラリア代表 1996年7月5日 183cm・74kg 11試合・1得点 新加入
アンドレ・シウバ
(André Silva)
33 CF 🇵🇹 ポルトガル代表 1995年11月6日 184cm・78kg 32試合・28得点
ルカ・ヨビッチ
(Luka Jovic)
9 CF 🇷🇸 セルビア代表 1997年12月23日 182cm・85kg 18試合・4得点 新加入
ラグナル・アヘ
(Ragnar Ache)
21 CF 🇩🇪 U-21ドイツ代表 1998年7月28日 182cm・77kg 7試合・1得点 新加入
ジャベズ・マカンダ
(Jabez Makanda)
34 CF 🇦🇴 アンゴラ 2001年8月8日 186cm・71kg 0試合・0得点

 

移籍市場|2020/2021シーズン冬

移籍IN

▼FW
ルカ・ヨビッチ(←レアル・マドリー/SPA)

移籍OUT

▼DF
ダビド・アブラアム(→ウラカン/ARG)
ダニー・ダ・コスタ(→マインツ)
▼MF
マリヤン・チャバル(→グロイター・フュルト/2部)
ドミニク・コール(→マインツ)
▼FW
バス・ドスト(→クラブ・ブルージュ/BEL)

 

フランクフルト/フォーメーション(スタメン)

基本フォーメーション

フランクフルト1stフォーメーション(スタメン)

 

フォーメーション(シーズン中盤)

フランクフルト20-21中盤戦のフォーメーション(スタメン)

 

フォーメーション(シーズン開幕直後)

フランクフルト20-21開幕直後のフォーメーション(スタメン)

 

20/21リーグ戦使用フォーメーション

3-4-2-1
18試合:10勝4分4敗/40得点・25失点
3-4-1-2
15試合:6勝7分2敗/28得点・27失点
3-5-2
1試合:0勝1分0敗/1得点・1失点

 

2010〜2019年までのフォーメーション(スタメン)はこちら

フランクフルトの歴代フォーメーション・成績【2010〜2019】DFBポカールを制した勢いそのままに、翌年望外のELベスト4入りを果たした18/19シーズンがこの10年のハイライト。ドイツで実績のなかったコヴァチ、ヒュッターを抜擢するなど、監督人事の巧さも光った「フランクフルト」の2010年代を布陣・成績で振り返っていきます。...

 

フランクフルトのキーマン3選手

アンドレ・シウバ|ポルトガル代表

 

プロフィール

アンドレ・シウバ
(André Silva)
生年月日:1995年11月6日
身長/体重:184cm・78kg
ポジション:CF
利き足:右足
代表:ポルトガル代表
20/21シーズン成績
32試合・28得点
推定市場価格:4,500万€

得点王争いのダークホース

天性のポジショニングを武器にゴールを量産するポルトガル産スナイパー。

加入当初は適応に苦しんだものの、コロナ中断明け後10試合で8ゴールと大暴れし、不動のエースの座を確立した。

後半戦の勢いを維持できれば、得点王争いのダークホースにもなり得る。

フィリップ・コスティッチ|セルビア代表

 

プロフィール

フィリップ・コスティッチ
(Filip Kostic)
生年月日:1992年11月1日
身長/体重:184cm・82kg
ポジション:LM・LW
利き足:左足
代表:セルビア代表
20/21シーズン成績
30試合・4得点
推定市場価格:3,500万€

サイドを切り裂くブンデス屈指のWB

2シーズン連続で二桁アシストを記録したブンデス屈指のWB。

90分衰えない運動量とトップスピードからの高速クロスで、A・シウバ、ドストのゴールを演出する。

ツバーの加入で負担は減っているとはいえ、心配なのは開幕直後に負った右膝の状態だ。

長谷部誠|元日本代表

 

プロフィール

長谷部誠(Makoto Hasebe)
生年月日:1984年1月18日
身長/体重:180cm・72kg
ポジション:CB・CM
利き足:右足
代表:元日本代表
20/21シーズン成績
29試合・0得点
推定市場価格:80万€

責務を完璧に遂行する"ピッチ上の指揮官"

ブンデスリーガのアジア人最多出場記録を更新し続ける"ピッチ上の指揮官"

ライン統率を中心に、リベロの責務を完璧に遂行する能力は、36歳になってもなお健在だ。

プロとして模範的な姿勢をみせてきた日本の生けるレジェンドは、若手たちに何を残すのか。

 

今季のフランクフルトはこの若手に注目!

エバン・エヌディカ|U-21フランス代表

 

プロフィール

エバン・エヌディカ
(Evan N'Dicka)
生年月日:1999年8月20日
身長/体重:192cm・80kg
ポジション:CB・LSB
利き足:左足
代表:U-21フランス代表
20/21シーズン成績
23試合・3得点
推定市場価格:2,800万€

CBに必要なスキルを全て備えた有望株

長身を活かした対人プレーはもちろん、機動力・ボールスキルも備えた21歳

ヒンターエッガーの壁は高く出番は限られているが、スピード・アジリティでは見劣りしない。

アブラハムや長谷部らベテラン達から個人戦術を学ぶ、勉強熱心な一面も高評価。

 

フランクフルト/チーム内ランキング

※参考:Who Scored

ブンデスリーガ20/21ゴール数

1 アンドレ・シウバ 28
2 鎌田大地 5
3 バス・ドスト 4
3 フィリップ・コスティッチ 4
3 ルカ・ヨビッチ 4

 

ブンデスリーガ20/21アシスト数

1 フィリップ・コスティッチ 14
2 鎌田大地 12
3 アンドレ・シウバ 5
4 アミン・ユーネス 3
4 アイメン・バルコク 3

 

ブンデスリーガ20/21パス成功率

1 長谷部誠 88.4%
2 ジブリル・ソウ 87.8%
3 セバスチャン・ロデ 85.5%
4 エバン・エヌディカ 84.8%
5 マルティン・ヒンターエッガー 81.7%

 

ブンデスリーガ20/21出場試合時間

1 ケビン・トラップ 2,970分
2 アンドレ・シウバ 2,771分
3 フィリップ・コスティッチ 2,536分
4 マルティン・ヒンターエッガー 2,528分
5 鎌田大地 2,376分

 

ブンデスリーガ20/21評価点

1 アンドレ・シウバ 7.51
2 フィリップ・コスティッチ 7.29
3 マルティン・ヒンターエッガー 7.00
4 鎌田大地 6.93
5 エバン・エヌディカ 6.84

 

推定市場価格ランキング

1 アンドレ・シウバ 4,500万€
2 フィリップ・コスティッチ 3,500万€
3 エバン・エヌディカ 2,800万€
4 鎌田大地 2,500万€
5 ルカ・ヨビッチ 2,000万€

 

【FIFA21】能力値ランキング

1 アンドレ・シウバ 84
1 フィリップ・コスティッチ 84
3 ケビン・トラップ 83
4 マルティン・ヒンターエッガー 80
5 ルカ・ヨビッチ 79

 

ブンデスリーガ全18クラブの選手一覧はこちら

当サイトでは、フランクフルトを含むブンデスリーガ全18クラブのメンバーリストを紹介しています。

その他のクラブはこちらからチェックしてみてください。↓

サッカー・ブンデスリーガ 2020-2021【全18チーム選手一覧】ブンデスリーガ2020-2021シーズン全18チームの選手一覧です。スタジアム・監督などのクラブデータ・選手一覧(登録メンバー)・基本フォーメーション(スタメン)・2020/2021シーズンの移籍市場・チームのキーマン3選手+注目の若手・チーム内ランキングなど、各クラブの情報を掲載しています。...