ブンデスリーガ

SVヴェルダー・ブレーメン 2020-2021【選手一覧・フォーメーション・スタメン】

プレーオフに回った昨季のメンバーから、シャヒン、クラーセンら主力が退団し、戦力的上積みはほぼ無し。

例年以上に厳しい戦いが予想される、ブンデスリーガ「SVヴェルダー・ブレーメン」のチーム紹介です。

  • スタジアム・監督などのクラブデータ
  • 選手一覧(登録メンバー)
  • 基本フォーメーション(スタメン)
  • 2020/2021シーズンの移籍市場
  • チームのキーマン3選手+今季注目の若手
  • チーム内ランキング

これら気になる情報を大公開!ブンデスリーガ好きの方必見の内容になっています。

ブレーメン/クラブデータ

クラブ SVヴェルダー・ブレーメン
(Sportverein Werder Bremen von 1899 e. V.)
創設 1899年
ホームタウン ブレーメン(人口:570,000人)
スタジアム ヴェーザーシュタディオン
(Weserstadion)
収容人数 42,100人
監督 マルクス・アンファング
(Markus Anfang)
平均年齢 24.5歳
市場価格 8,113万€
公式サイト     

 

ブレーメン/選手一覧

選手名 背番号 POS 国籍・代表 生年月日 身長・体重 昨シーズン成績(所属チーム) 備考
イジー・パブレンカ
(Jiri Pavlenka)
1 GK 🇨🇿 チェコ代表 1992年4月14日 196cm・81kg 34試合・0得点
ミヒャエル・ツェッテラー
(Michael Zetterer)
30 GK 🇩🇪 元U-21ドイツ代表 1995年7月12日 187cm・82kg 0試合・0得点 復帰
ルカ・プログマン
(Luca Plogmann)
40 GK 🇩🇪 U-21ドイツ代表 2000年3月10日 188cm・78kg 0試合・0得点
エドゥアルド・ドス・サントス・ヘスラー
(Eduardo Dos Santos Haesler)
38 GK 🇩🇪 ドイツ 1999年2月10日 196cm・88kg 0試合・0得点
ミロシュ・ヴェリコビッチ
(Milos Veljkovic)
13 CB 🇷🇸 セルビア代表 1995年9月26日 188cm・85kg 23試合・0得点
エメル・トプラク
(Ömer Toprak)
21 CB 🇹🇷 トルコ代表 1989年7月21日 186cm・83kg 26試合・2得点
マルコ・フリードル
(Marco Friedl)
32 CB 🇦🇹 オーストリア代表 1998年3月16日 187cm・71kg 32試合・0得点
ニクラス・モイサンデル (C)
(Niklas Moisander)
18 CB 🇫🇮 フィンランド代表 1985年9月29日 183cm・75kg 18試合・0得点
テオドール・ゲブレ・セラシェ
(Theodor Gebre Selassie)
23 RSB 🇨🇿 チェコ代表 1986年12月24日 181cm・71kg 34試合・3得点
ルドビク・アウグスティンソン
(Ludwig Augustinsson)
5 LSB 🇸🇪 スウェーデン代表 1994年4月21日 181cm・76kg 23試合・0得点
フェリックス・アグ
(Felix Agu)
17 LSB 🇩🇪 U-21ドイツ代表 1999年9月27日 180cm・67kg 15試合・1得点 新加入
パトリック・エラス
(Patrick Erras)
29 CM 🇩🇪 ドイツ 1995年1月21日 196cm・87kg 4試合・0得点 新加入
クリスティアン・グロース
(Christian Groß)
36 CM 🇩🇪 ドイツ 1989年2月8日 182cm・75kg 23試合・0得点
イリア・グルエフ
(Ilia Gruev)
28 CM 🇧🇬 U-21ブルガリア代表 2000年5月6日 185cm・72kg 1試合・0得点
フィリップ・バルクフレーデ
(Philipp Bargfrede)
44 CM 🇩🇪 元U-21ドイツ代表 1989年3月3日 174cm・71kg 1試合・0得点
マキシミリアン・エッゲシュタイン
(Maximilian Eggestein)
35 CM 🇩🇪 ドイツ代表 1996年12月8日 181cm・75kg 33試合・2得点
ケビン・メーバルト
(Kevin Möhwald)
6 CM 🇩🇪 ドイツ 1993年7月3日 183cm・77kg 27試合・5得点
ジャン・マヌエル・ムボム
(Jean Manuel Mbom)
34 CM 🇩🇪 U-20ドイツ代表 2000年2月24日 183cm・80kg 21試合・0得点 復帰
レオナルド・ビッテンコート
(Leonardo Bittencourt)
10 AM 🇩🇪 元U-21ドイツ代表 1993年12月19日 171cm・63kg 27試合・4得点
ロマーノ・シュミット
(Romano Schmid)
20 AM 🇦🇹 U-21オーストリア代表 2000年1月17日 168cm・73kg 22試合・0得点 新加入
ミロト・ラシツァ
(Milot Rashica)
7 RW 🇽🇰 コソボ代表 1996年6月28日 177cm・73kg 24試合・3得点
オスカル・シェーンフェルダー
(Oscar Schönfelder)
16 LW 🇩🇪 ドイツ 2001年2月5日 181cm・70kg 0試合・0得点 新加入
デイビー・ゼルケ
(Davie Selke)
9 CF 🇩🇪 元U-21ドイツ代表 1995年1月20日 194cm・84kg 23試合・3得点
ジョシュア・サージェント
(Josh Sargent)
19 CF 🇺🇸 アメリカ代表 2000年2月20日 185cm・79kg 32試合・5得点
ニクラス・フュルクルク
(Niclas Füllkrug)
11 CF 🇩🇪 ドイツ 1993年2月9日 189cm・83kg 19試合・6得点
大迫勇也
(Yuya Osako)
8 CF 🇯🇵 日本代表 1990年5月18日 182cm・71kg 24試合・0得点
ニック・ウォルトメイド
(Nick Woltemade)
41 CF 🇩🇪 U-19ドイツ代表 2002年2月14日 198cm・75kg 6試合・0得点
エレン・ディンクシ
(Eren Dinkci)
43 CF 🇩🇪 U-20ドイツ代表 2001年12月13日 188cm・80kg 8試合・1得点

 

移籍市場|2020/2021シーズン冬

移籍IN

▼GK
ミヒャエル・ツェッテラー(←ズヴォレ/NED)
ルカ・プログマン(←メッペン/3部)

移籍OUT

▼GK
ステファノス・カピーノ(→ザントハウゼン/2部)
▼FW
タヒト・チョン(→クラブ・ブルージュ/BEL)

 

ブレーメン/フォーメーション(スタメン)

基本フォーメーション

ブレーメン1stフォーメーション(スタメン)

 

フォーメーション(シーズン中盤)

ブレーメン20-21中盤戦のフォーメーション(スタメン)

 

フォーメーション(シーズン開幕直後)

ブレーメン20-21開幕直後のフォーメーション(スタメン)

 

20/21リーグ戦使用フォーメーション

3-4-2-1
13試合:3勝3分7敗/15得点・24失点
3-5-2
8試合:2勝3分3敗/8得点・10失点
4-2-3-1
5試合:0勝0分5敗/2得点・11失点
3-4-1-2
4試合:1勝2分1敗/5得点・6失点
4-3-1-2
2試合:0勝1分1敗/2得点・4失点
4-3-2-1
1試合:0勝1分0敗/1得点・1失点
4-4-2
1試合:1勝0分0敗/3得点・1失点

 

2010〜2019年までのフォーメーション(スタメン)はこちら

ブレーメンの歴代フォーメーション・成績【2010〜2019】ブンデスリーガ4回の優勝を誇る強豪も、この10年は二桁順位が定位置に。バイエルンと覇権を争った00年代の活気を取り戻したい「ヴェルダー・ブレーメン」の2010年代を布陣・成績で振り返っていきます。...

 

ブレーメンのキーマン3選手

ミロト・ラシツァ|コソボ代表

 

プロフィール

ミロト・ラシツァ
(Milot Rashica)
生年月日:1996年6月28日
身長/体重:177cm・73kg
ポジション:LW・CF
利き足:右足
代表:コソボ代表
20/21シーズン成績
24試合・3得点
推定市場価格:900万€

ブレーメンオフェンスの大黒柱

ブレーメンオフェンスの大黒柱へ成長したスピードドリブラー。

ブレイクした昨季以上にドリブル、シュートが冴え渡り、今夏はライプツィヒやレバークーゼンといった有力クラブ行きも噂された。

リーグを代表するアタッカーになる素質を秘めるが、昨季16戦不発だったようにコンスタントさに課題を残す。

マキシミリアン・エッゲシュタイン|ドイツ代表

 

プロフィール

マキシミリアン・エッゲシュタイン
(Maximilian Eggestein)
生年月日:1996年12月8日
身長/体重:181cm・75kg
ポジション:CM・RM
利き足:右足
代表:ドイツ代表
20/21シーズン成績
33試合・2得点
推定市場価格:750万€

ドイツ代表まで上り詰めた生え抜き

久々にブレーメンのアカデミーからドイツ代表に上り詰めた"ケディラ2世"

90分ピッチを縦横無尽にかけ回り、巧みなボール奪取からショートカウンターの起点となる。

インサイドハーフを主戦場に中盤ならどこでもプレーできるが、今季はアンカーでの起用が濃厚か。

イジー・パブレンカ|チェコ代表

 

プロフィール

イジー・パブレンカ
(Jiri Pavlenka)
生年月日:1992年4月14日
身長/体重:196cm・81kg
ポジション:GK
利き足:右足
代表:チェコ代表
20/21シーズン成績
34試合・0得点
推定市場価格:550万€

ビッグクラブでも通用する不動のNo.1

毎試合当たり前のようにビッグセーブを連発する不動のNo.1

至近距離からのシュートも抜群の反射神経でストップし、守備に不安があるブレーメンの最終ラインを瀬戸際で食い止める。

足元は凡庸だが、シュートセーブの技術ならビッグクラブでも十分通用するだろう。

 

今季のブレーメンはこの若手に注目

ジョシュ・サージェント|アメリカ代表

 

プロフィール

ジョシュ・サージェント
(Josh Sargent)
生年月日:2000年2月20日
身長/体重:185cm・79kg
ポジション:CF・RW
利き足:右足
代表:アメリカ代表
20/21シーズン成績
32試合・5得点
推定市場価格:800万€

確実にチャンスを仕留める米国産スナイパー

スナイパーの如く確実にチャンスをモノにする、ブレーメンユースで育ったアメリカ代表期待のホープ

10→28と出場試合は確実に増えており、今シーズンはいよいよレギュラー獲りも視野に入る。

昨季、抜け出しからGKをかわして決めたアウグスブルク戦のゴールは、彼の能力が凝縮された見事な一撃だった。

 

ヴェルダー・ブレーメン/チーム内ランキング

※参考:Who Scored

ブンデスリーガ20/21ゴール数

1 ニクラス・フュルクルク 6
2 レオナルド・ビッテンコート 5
2 マキシミリアン・エッゲシュタイン 5
4 ケビン・メーバルト 4
5 デイビー・ゼルケ 3

 

ブンデスリーガ20/21アシスト数

1 マキシミリアン・エッゲシュタイン 5
2 ルドビク・アウグスティンソン 4
3 ロマーノ・シュミット 3
4 ジョシュア・サージェント 2
5 ケビン・メーバルト 1

 

ブンデスリーガ20/21パス成功率

1 ケビン・メーバルト 86.0%
2 エメル・トプラク 82.2%
3 マルコ・フリードル 80.4%
4 マキシミリアン・エッゲシュタイン 76.4%
5 ミロシュ・ヴェリコビッチ 74.2%

 

ブンデスリーガ20/21出場試合時間

1 イジー・パブレンカ 3,060分
2 テオドール・ゲブレ・セラシェ 3,033分
3 マキシミリアン・エッゲシュタイン 2,943分
4 マルコ・フリードル 2,788分
5 ジョシュア・サージェント 2,519分

 

ブンデスリーガ20/21評価点

1 ルドビク・アウグスティンソン 6.87
2 ジョシュア・サージェント 6.73
3 テオドール・ゲブレ・セラシェ 6.70
4 マキシミリアン・エッゲシュタイン 6.69
5 エメル・トプラク 6.64

 

推定市場価格ランキング

1 ルドビク・アウグスティンソン 1,000万€
2 ミロト・ラシツァ 900万€
3 ジョシュア・サージェント 800万€
4 マルコ・フリードル 750万€
4 マキシミリアン・エッゲシュタイン 750万€

 

【FIFA21】能力値ランキング

1 イジー・パブレンカ 80
2 ミロト・ラシツァ 77
2 エメル・トプラク 77
4 マキシミリアン・エッゲシュタイン 76
4 レオナルド・ビッテンコート 76

 

 

ブンデスリーガ全18クラブの選手一覧はこちら

当サイトでは、ヴェルダー・ブレーメンを含むブンデスリーガ全18クラブのメンバーリストを紹介しています。

その他のクラブはこちらからチェックしてみてください。

サッカー・ブンデスリーガ 2020-2021【全18チーム選手一覧】ブンデスリーガ2020-2021シーズン全18チームの選手一覧です。スタジアム・監督などのクラブデータ・選手一覧(登録メンバー)・基本フォーメーション(スタメン)・2020/2021シーズンの移籍市場・チームのキーマン3選手+注目の若手・チーム内ランキングなど、各クラブの情報を掲載しています。...

 

 

RELATED POST