EURO2020特集

サッカー・ウクライナ代表【EURO2020/21出場メンバーを大胆予想】

新型コロナウイルスの影響により、1年遅れでの開催となったEURO2020(21)。

この記事では、「主力」「当確」「有力」「当落線上」、4つのランクに分け、EURO2020に参戦するウクライナ代表メンバーを大胆予想していきます。

※:本記事はメンバー発表次第チーム名鑑になる予定

【EURO2020】ウクライナ代表出場メンバー予想

GK

選手名 クラブ
主力 ゲオルギ・ブスチャン ディナモ・キエフ
当確 アンドリー・ピアトフ シャフタール
有力 アントリン・トルビン シャフタール
当落 アンドリー・ルニン R・マドリー
当落 ユーリー・パンキフ オレクサンドリーヤ
当落 ミキータ・シェフチェンコ ゾリャ
当落 ドミトロ・リズニク ヴォルスクラ・ポルタヴァ

 

ロイすん
ロイすん
名門ディナモ・キエフの守護神に定着したブスチャンが、重鎮ピアトフに代わってゴールマウスを守ることになるだろう。

ポテンシャルでは世代トップクラスのルニンもいるが、3月に代表デビューした19歳のトルビンのほうが勢いは上だ。

 

DF

選手名 クラブ
主力 ミコラ・マトビエンコ シャフタール
主力 イリア・ザバルニー ディナモ・キエフ
主力 オレクサンドル・カラバエフ ディナモ・キエフ
主力 ヴィタリ・ミコレンコ ディナモ・キエフ
当確 エドゥアルド・ソボル クラブ・ブルージュ
有力 ボグダン・ミハイリチェンコ アンデルレヒト
有力 セルゲイ・クリフツォフ シャフタール
当落 オレクサンドル・シロタ ディナモ・キエフ
当落 ユヒム・コノプリア デスナ
当落 ヴァレリー・ボンダル
シャフタール
当落 イフゲン・チェベルコ NKオシエク
当落 イゴール・プラストゥン ヘント

 

ロイすん
ロイすん
ディフェンスリーダーのマトビエンコを軸に、ザバルニー、カラバエフ、ミコレンコらディナモ勢がスタメン。

3バック採用時は、対人守備に長けたクリフツェフも有力な選択肢となる。

 

MF

選手名 クラブ
主力 オレクサンドル・ジンチェンコ マンチェスター・C
主力 ルスラン・マリノフスキ アタランタ
主力 セルゲイ・シドルチュク ディナモ・キエフ
当確 ミコラ・シャパレンコ ディナモ・キエフ
有力 イェフゲン・マカレンコ コルトレイク
有力 ヴィクトル・コバレンコ アタランタ
当落 タラス・ステパネンコ シャフタール
当落 イゴール・ハラティン フェレンツバロシュ
当落 ヴォロジミール・シェペレフ ディナモ・キエフ
当落 ロマン・ベズス ヘント

 

ロイすん
ロイすん
4大リーグの強豪クラブでプレーするジンチェンコとマリノフスキが、中盤のキーマン。

ディナモの主将を務めるシドルチュクは、彼らを支える縁の下の力持ち。1点が欲しい時は、ファンタジスタのシャパレンコも頼りになる。

 

FW

選手名 クラブ
主力 ロマン・ヤレムチュク ヘント
当確 アンドリー・ヤルモレンコ ウェストハム
当確 ジュニオール・モラエス シャフタール
当確 マルロス マインツ
有力 オレクサンドル・ズブコフ フェレンツバロシュ
有力 ヴィクトル・ツィガンコフ ディナモ・キエフ
当落 エフゲン・コノプリャンカ シャフタール
当落 オレクサンドル・ドフビク ドニプロ
当落 ヴラディスラフ・スプリヤガ ディナモ・キエフ

 

ロイすん
ロイすん
ベルギーでブレイクしたヤレムチュクを中心に、ヤルモレンコ、モラレス、マルロスと実績豊富な選手たちが揃う。

若手のツィガンコフとスプリヤガがここに割って入るようなら、EURO以降も楽しみなチームとなりそうだ。

 

ウクライナ代表/フォーメーション(スタメン)

ウクライナ代表フォーメーション2021/3月

 

予選使用フォーメーション+戦績

4-3-3
7試合:5勝2分0敗/15得点・3失点
4-2-3-1
1試合:1勝0分0敗/2得点・1失点

 

ウクライナ代表データ集

国・地域 ウクライナ
(人口:4,220万人)
監督 アンドリー・シェフチェンコ
(Andrii Shevchenko)
出場歴 3大会連続3回目の出場
予選成績 8試合:6勝2分0敗 / 17得点・4失点
(グループB1位)
予選最多得点者 ロマン・ヤレムチュク(4得点)
FIFAランキング 24位
EURO最高成績 本大会出場:2012、2016、2020

 

推定市場価格ランキング

1位 ルスラン・マリノフスキ 2,100万€
2位 オレクサンドル・ジンチェンコ 2,000万€
3位 ロマン・ヤレムチュク 1,300万€
4位 ミコラ・マトビエンコ 1,100万€
5位 マルロス 700万€

 

ウクライナ代表歴代最多出場記録

1位 アナトリー・ティモシュチュク 144試合
2位 アンドリー・シェフチェンコ 111試合
3位 ルスラン・ロタン 100試合
4位 オレグ・グセフ 98試合
5位 アンドリー・ピアトフ 96試合

赤字は現役選手。※(EU)は本大会出場メンバー

 

ウクライナ代表歴代最多ゴール数

1位 アンドリー・シェフチェンコ 48ゴール
2位 アンドリー・ヤルモレンコ 38ゴール
3位 イェウヘン・コノプリャンカ 21ゴール
4位 セルゲイ・レブロフ 15ゴール
5位 オレグ・グセフ 13ゴール

赤字は現役選手。※(EU)は本大会出場メンバー