歴代W杯王者

イタリア代表 1934年【第2回W杯優勝メンバー・フォーメーション】

数々の伝説を生み出したサッカー・ワールドカップの優勝国を、順番に振り返っていく本企画。

今回は、伝説的名将ポッツォに率いられ、第2回イタリア大会(1934年)を制した「イタリア代表」を紹介していきます。

  • 大会成績
  • 選手一覧(出場メンバー)
  • 基本フォーメーション(スタメン)
  • 当時のキープレイヤー

これらの情報を掲載。当時を知り、一緒にフットボールの歴史を振り返っていきましょう。

イタリア代表1934年W杯大会成績

FINAL
○イタリア🇮🇹 2 - 1 AET ●チェコスロバキア🇨🇿
81: オルシ
95: スキアビオ
76: プチ

当時の映像:FIFA公式(外部リンク

Semi-FINAL
○イタリア🇮🇹 1 - 0 ●オーストリア🇦🇹
10: グアイタ
QF deciders
○イタリア🇮🇹 1 - 0 ●スペイン🇪🇸
12: メアッツァ
Quarter-FINAL
○イタリア🇮🇹 1 - 1 AET ●スペイン🇪🇸
45: フェラーリ 31: レゲイロ
Round of 16
○イタリア🇮🇹 7 - 1 ●アメリカ🇺🇸
18: スキアビオ
20: オルシ
29: スキアビオ
63: フェラーリ
64: スキアビオ
69: オルシ
69: メアッツァ
57: ドネッリ

 

イタリア代表1934年W杯出場メンバー

選手名 No POS 所属チーム 生年月日(年齢) 身長・体重 大会成績
ジャンピエロ・コンビ
(Gianpiero Combi)
- GK 🇮🇹 ユベントス 1902年11月20日(30) 174cm・-kg 5試合・0得点
グイード・マゼッティ
(Guido Masetti)
- GK 🇮🇹 ローマ 1907年11月22日(25) NO DATA 0試合・0得点
ジュゼッペ・カバンナ
(Giuseppe Cavanna)
- GK 🇮🇹 ナポリ 1905年11月18日(27) 171cm・-kg 0試合・0得点
エラルド・モンゼリオ
(Eraldo Monzeglio)
- CB 🇮🇹 ボローニャ 1906年6月5日(27) 173cm・74kg 4試合・0得点
ルイジ・アレマンディ
(Luigi Allemandi)
- CB 🇮🇹 インテル 1903年11月8日(29) 183cm・-kg 5試合・0得点
マリオ・ヴァルグリエン
(Mario Varglien)
- CB 🇮🇹 ユベントス 1905年12月26日(27) 176cm・-kg 0試合・0得点
ヴィルジニオ・ロゼッタ
(Virginio Rosetta)
- RSB 🇮🇹 ユベントス 1902年2月25日(31) 170cm・-kg 1試合・0得点
ウンベルト・カリガリス
(Umberto Caligaris)
- LSB 🇮🇹 ユベントス 1901年6月26日(31) 171cm・-kg 0試合・0得点
ルイス・モンティ
(Luis Monti)
- CM 🇮🇹 ユベントス 1901年5月15日(32) 167cm・-kg 5試合・0得点
アッティリオ・フェラーリス
(Attilio Ferraris)
- CM 🇮🇹 ローマ 1904年3月26日(29) 170cm・-kg 3試合・0得点
ルイジ・ベルトリーニ
(Luigi Bertolini)
- CM 🇮🇹 ユベントス 1904年11月13日(28) 181cm・-kg 4試合・0得点
アルマンド・カステラッツィ
(Armando Castellazzi)
- CM 🇮🇹 インテル 1904年10月7日(28) 184cm・-kg 1試合・0得点
マリオ・ピッツィオーロ
(Mario Pizziolo)
- CM 🇮🇹 フィオレンティーナ 1909年12月8日(23) NO DATA 2試合・0得点
ジョバンニ・フェラーリ
(Giovanni Ferrari)
- AM 🇮🇹 ユベントス 1907年12月6日(25) 172cm・-kg 4試合・2得点
アッティリオ・デマリア
(Attilio Demaría)
- AM 🇮🇹 インテル 1909年3月19日(24) 176cm・-kg 1試合・0得点
エンリケ・グアイタ
(Enrique Guaita)
- RW 🇮🇹 ローマ 1910年7月15日(22) 172cm・-kg 4試合・1得点
アンフィロジーノ・グアリージ
(Anfilogino Guarisi)
- RW 🇮🇹 ラツィオ 1905年12月26日(27) 171cm・-kg 1試合・0得点
ライムンド・オルシ
(Raimundo Orsi)
- LW 🇮🇹 ユベントス 1901年12月2日(31) 170cm・-kg 5試合・3得点
ジュゼッペ・メアッツァ
(Giuseppe Meazza)
- CF 🇮🇹 インテル 1910年8月23日(22) 169cm・73kg 5試合・2得点
アンジェロ・スキアビオ
(Angelo Schiavio)
- CF 🇮🇹 ボローニャ 1905年10月15日(27) 178cm・69kg 4試合・4得点
フェリーチェ・ボレル
(Felice Borel)
- CF 🇮🇹 ユベントス 1914年4月5日(19) 175cm・-kg 1試合・0得点
ピエトロ・アルカリ
(Pietro Arcari)
- CF 🇮🇹 ミラン 1909年12月2日(23) 175cm・-kg 0試合・0得点

監督

名前 国籍 生年月日
ヴィットリオ・ポッツォ
(Alberto Suppici)
🇮🇹 1886年3月2日

 

イタリア代表1934年W杯フォーメーション

基本フォーメーション

イタリア代表1934年W杯フォーメーション

 

1934年W杯当時のキーマン

ルイス・モンティ|ユベントス

 

この投稿をInstagramで見る

 

Futbol y Política(@futbolypolitica)がシェアした投稿

 

プロフィール

ルイス・モンティ
(Luis Monti)
生年月日:1901年5月15日
身長/体重:167cm・-kg
ポジション:CM
利き足:右足
所属クラブ:ユベントス
代表通算:18試合・1得点

2ヶ国で決勝を経験した唯一の存在

前回大会はアルゼンチン代表としては準優勝、ファシスト政権に引き抜かれた今大会は、イタリア代表の優勝に貢献した司令塔。

おそらく今後も出ることはない、W杯決勝に異なる国で出場したことがある唯一の人物として、永遠に語り継がれていくだろう。

 

ライムンド・オルシ|ユベントス

 

この投稿をInstagramで見る

 

Nostalgia Juve(@nostalgia_juve)がシェアした投稿

 

プロフィール

ライムンド・オルシ
(Raimundo Orsi)
生年月日:1901年12月2日
身長/体重:170cm・68kg
ポジション:LW
利き足:左足
所属クラブ:ユベントス
代表通算:35試合・13得点

得意のドリブルで左サイドを制圧

モンティや逆サイドのグアイタと同じく、アルゼンチンから国籍を変更して大会に臨んだキーマンの1人

類い稀ぬスピードとドリブルで左サイドを切り裂き、決勝チェコスロバキア戦の同点弾を含む大会3ゴールと、攻撃の軸として活躍した。

 

その他の歴代W杯優勝国はこちら↓

当サイトでは、第1回ウルグアイ大会からサッカー・ワールドカップ全大会の優勝国を紹介しています。

まとめ記事がありますので、気になる方はこちらからチェックしてみてください↓

サッカー・FIFAワールドカップ歴代優勝国一覧【1930〜2018】本記事は、「FIFAワールドカップ歴代優勝国」の選手名鑑・当時のキーマンなどをまとめたページとなります。幾多の名勝負・名場面を生んだフットボール最高の祭典の歴史を、ぜひ振り返ってみてください。...