歴代W杯王者

ブラジル代表 1994年【第15回W杯優勝メンバー・フォーメーション】

数々の伝説を生み出したサッカー・ワールドカップの優勝国を、順番に振り返っていく本企画。

今回は、ブルガリアやスウェーデンなど中堅国の大躍進も目立った、第15回アメリカ大会(1994年)の王者「ブラジル代表」を紹介していきます。

  • 大会成績
  • 選手一覧(出場メンバー)
  • 基本フォーメーション(スタメン)
  • 当時のキープレイヤー

これらの情報を掲載。当時を知り、一緒にフットボールの歴史を振り返っていきましょう。

ブラジル代表1994年W杯大会成績

決勝トーナメント

FINAL
○ブラジル🇧🇷 0 - 0
pen 3 - 2
●イタリア🇮🇹

当時の映像:FIFA公式(外部リンク

SEMI-FINAL
●スウェーデン🇸🇪 0 - 1 ○ブラジル🇧🇷
80: ロマーリオ

 

Quarter-FINAL
●オランダ🇳🇱 2 - 3 ○ブラジル🇧🇷
64: ベルカンプ
76: ヴィンター
52: ロマーリオ
62: ベベット
81: ブランコ

 

Round of 16
○ブラジル🇧🇷 1 - 0 ●アメリカ🇺🇸
72: ベベット

 

グループステージ

チーム
1 🇧🇷 ブラジル 3 2 1 0 6 1 5 7
2 🇸🇪 スウェーデン 3 1 2 0 6 4 2 5
3 🇷🇺 ロシア 3 1 0 2 7 6 1 3
4 🇨🇲 カメルーン 3 0 1 2 3 11 -8 1

 

1節
○ブラジル🇧🇷 2 - 0 ●ロシア🇷🇺
26: ロマーリオ
53: ライー

 

2節
○ブラジル🇧🇷 3 - 0 ●カメルーン🇨🇲
39: ロマーリオ
66: M. サントス
73: ベベット

 

3節
△ブラジル🇧🇷 1 - 1 △スウェーデン🇸🇪
46: ロマーリオ 23: K. アンデション

 

 

ブラジル代表1994年W杯出場メンバー

選手名 No POS 所属チーム 生年月日(年齢) 身長・体重 大会成績
クラウディオ・タファレル
(Claudio Taffarel)
1 GK 🇮🇹 レッジャーナ 1966年5月8日(28) 180cm・80kg 7試合・0得点
ゼッチ
(Zetti)
12 GK 🇧🇷 サンパウロ 1965年1月10日(29) 189cm・-kg 0試合・0得点
ジウマール
(Gilmar)
22 GK 🇧🇷 フラメンゴ 1959年1月13日(35) 184cm・78kg 0試合・0得点
リカルド・ローシャ
(Ricardo Rocha)
3 CB 🇧🇷 ヴァスコ・ダ・ガマ 1962年9月11日(31) 180cm・76kg 1試合・0得点
ロナウダン
(Ronaldão)
4 CB 🇯🇵 清水エスパルス 1965年6月19日(29) 187cm・92kg 0試合・0得点
アウダイール
(Aldair)
13 CB 🇮🇹 ローマ 1965年11月30日(28) 183cm・76kg 7試合・0得点
マルシオ・サントス
(Márcio Santos)
15 CB 🇫🇷 ボルドー 1969年9月15日(24) 185cm・81kg 7試合・1得点
ジョルジーニョ
(Jorginho)
2 RSB 🇩🇪 バイエルン 1964年8月17日(29) 175cm・69kg 7試合・0得点
カフー
(Cafú)
14 RSB 🇧🇷 サンパウロ 1970年6月7日(24) 178cm・75kg 3試合・0得点
ブランコ
(Branco)
6 LSB 🇧🇷 フルミネンセ 1964年4月4日(30) 180cm・77kg 3試合・1得点
マウロ・シウバ
(Mauro Silva)
5 CM 🇪🇸 デポルティーボ 1968年1月12日(26) 177cm・83kg 7試合・0得点
ドゥンガ
(Dunga)
8 CM 🇩🇪 シュトゥットガルト 1963年10月31日(30) 177cm・75kg 7試合・0得点
マジーニョ
(Mazinho)
17 CM 🇧🇷 パルメイラス 1966年4月8日(28) 176cm・74kg 6試合・0得点
ジーニョ
(Zinho)
9 AM 🇧🇷 パルメイラス 1967年6月17日() 172cm・75kg 7試合・0得点
ライー
(Raí)
10 AM 🇫🇷 パリ・サンジェルマン 1965年5月15日(29) 188cm・90kg 5試合・1得点
レオナルド
(Leonardo)
16 AM 🇧🇷 サンパウロ 1969年9月5日(24) 175cm・71kg 4試合・0得点
パウロ・セルジオ
(Paulo Sérgio)
18 LW 🇩🇪 レバークーゼン 1969年6月2日(25) 180cm・79kg 2試合・0得点
ヴィオラ
(Viola)
21 CF 🇧🇷 コリンチャンス 1969年1月1日(25) 178cm・78kg 1試合・0得点
ミューレル
(Müller)
19 CF 🇧🇷 サンパウロ 1966年1月31日(28) 178cm・80kg 1試合・0得点
ベベット
(Bebeto)
7 CF 🇪🇸 デポルティーボ 1964年2月16日(30) 177cm・68kg 7試合・3得点
ロマーリオ
(Romário)
11 CF 🇪🇸 バルセロナ 1966年1月29日(28) 169cm・72kg 7試合・5得点
ロナウド
(Ronaldo)
20 CF 🇧🇷 クルゼイロ 1976年9月22日(17) 183cm・90kg 0試合・0得点

監督

名前 国籍 生年月日
カルロス・アルベルト・パレイラ
(Carlos Alberto Parreira)
🇧🇷 1943年2月27日

 

 

ブラジル代表1994年W杯フォーメーション

基本フォーメーション

ブラジル代表1994年W杯フォーメーション

 

フォーメーション(FINAL)

ブラジル代表1994年W杯決勝戦フォーメーション

 

1994年W杯当時のキーマン

ロマーリオ|バルセロナ

 

この投稿をInstagramで見る

 

Debut.gr(@debut.gr)がシェアした投稿

 

プロフィール

ロマーリオ
(Romário)
生年月日:1966年1月29日
身長/体重:169cm・72kg
ポジション:CF
利き足:右足
所属クラブ:バルセロナ
代表通算:70試合・55得点

決定機を確実にモノにした大会MVP

イタリアのバッジョと共に主役として大会を盛り上げ、セレソンを1970年以来のW杯優勝に導いた歴代屈指の点取り屋

堅実で守備的なサッカーを志向するブラジルだけに、数少ない決定機をモノにできるエースの得点力が不可欠だった。

 

ドゥンガ|シュトゥットガルト

 

この投稿をInstagramで見る

 

Brazil Legends(@brasil.legends)がシェアした投稿

 

プロフィール

ドゥンガ
(Dunga)
生年月日:1963年10月31日
身長/体重:177cm・75kg
ポジション:CM
利き足:右足
所属クラブ:シュトゥットガルト
代表通算:91試合・6得点

魂と技術を兼備する闘将

戦犯とされ大きな批判を浴びた前回大会からのリベンジを果たし、中盤の要として、リーダーとしてチームをまとめ上げた闘将

W杯後の95年には戦いの舞台をドイツから日本へと移し、ジュビロ磐田の黄金期を支えた。

 

その他の歴代W杯優勝国はこちら↓

当サイトでは、第1回ウルグアイ大会からサッカー・ワールドカップ全大会の優勝国を紹介しています。

まとめ記事がありますので、気になる方はこちらからチェックしてみてください↓

サッカー・FIFAワールドカップ歴代優勝国一覧【1930〜2018】本記事は、「FIFAワールドカップ歴代優勝国」の選手名鑑・当時のキーマンなどをまとめたページとなります。幾多の名勝負・名場面を生んだフットボール最高の祭典の歴史を、ぜひ振り返ってみてください。...