歴代W杯王者

ウルグアイ代表 1950年【第4回W杯優勝メンバー・フォーメーション】

数々の伝説を生み出したサッカー・ワールドカップの優勝国を、順番に振り返っていく本企画。

今回は、"マラカナンの悲劇""ベロオリゾンテの奇跡"など、現代にも語り継がれている名シーンが生まれた、第4回ブラジル大会(1950年)の王者「ウルグアイ代表」を紹介していきます。

  • 大会成績
  • 選手一覧(出場メンバー)
  • 基本フォーメーション(スタメン)
  • 当時のキープレイヤー

これらの情報を掲載。当時を知り、一緒にフットボールの歴史を振り返っていきましょう。

ウルグアイ代表1950年W杯大会成績

ファイナルステージ

チーム
1 🇺🇾 ウルグアイ 3 2 1 0 7 5 2 5
2 🇧🇷 ブラジル 3 2 0 1 14 4 10 4
3 🇸🇪 スウェーデン 3 1 0 2 6 11 -5 2
4 🇪🇸 スペイン 3 0 1 2 4 11 -7 1

3節
○ウルグアイ🇺🇾 2 - 1 ●ブラジル🇧🇷
66: スキアフィーノ
79: ギジャ
47: フリアサ

当時の映像:FIFA公式(外部リンク

2節
○ウルグアイ🇺🇾 3 - 2 ●スウェーデン🇸🇪
39: ギジャ
77: ミゲス
85: ミゲス
5: パーマー
40: サンドクビスト
1節
△ウルグアイ🇺🇾 2 - 2 △スペイン🇪🇸
29: ギジャ
73: バレラ
37: バソラ
39 バソラ

 

グループステージ

チーム
1 🇺🇾 ウルグアイ 1 1 0 0 8 0 8 2
2 🇧🇴 ボリビア 1 0 0 1 0 8 -8 0

1節
○ウルグアイ🇺🇾 8 - 0 ●ボリビア🇧🇴
14: ミゲス
18: ビダル
23: スキアフィーノ
40: ミゲス
56: ミゲス
59: スキアフィーノ
73: ペレス
83: ギジャ

 

 

ウルグアイ代表1950年W杯出場メンバー

選手名 No POS 所属チーム 生年月日(年齢) 身長・体重 大会成績
ロケ・マスポリ
(Roque Máspoli)
- GK 🇺🇾 ペニャロール 1917年10月12日(31) 189cm・-kg 3試合・0得点
アニバル・パス
(Aníbal Paz)
- GK 🇺🇾 ナシオナル 1917年5月21日(32) NO DATA 1試合・0得点
エウセビオ・テヘラ
(Eusebio Tejera)
- CB 🇺🇾 ナシオナル 1922年1月6日(27) 180cm・-kg 4試合・0得点
マティアス・ゴンサレス
(Matías González)
- CB 🇺🇾 CAセロ 1925年8月6日(23) 180cm・-kg 4試合・0得点
ヴィクトル・アンドラーデ
(Víctor Andrade)
- CB 🇺🇾 セントラル 1927年5月2日(22) 169cm・-kg 4試合・0得点
ウィリアム・マルティネス
(Wílliam Martínez)
- CB 🇺🇾 ランプラ 1928年1月13日(21) 192cm・-kg 0試合・0得点
エクトル・ビルチェス
(Héctor Vilches)
- CB 🇺🇾 CAセロ 1926年2月14日(23) NO DATA 0試合・0得点
ファン・カルロス・ゴンサレス
(Juan Carlos González)
- CB 🇺🇾 ペニャロール 1924年10月22日(24) NO DATA 0試合・0得点
シューベルト・ガンベッタ
(Schúbert Gambetta)
- RSB 🇨🇴 ククタ 1920年4月14日(29) 172cm・-kg 2試合・0得点
オブドゥリオ・バレラ (C)
(Obdulio Varela)
- CM 🇺🇾 ペニャロール 1917年9月20日(31) 183cm・-kg 4試合・1得点
ロドルフォ・ピニ
(Rodolfo Pini)
- CM 🇺🇾 ナシオナル 1926年11月12日(22) NO DATA 0試合・0得点
ワシントン・オルトゥーニョ
(Washington Ortuño)
- CM 🇺🇾 ペニャロール 1928年5月13日(21) NO DATA 0試合・0得点
ファン・スキアフィーノ
(Juan Schiaffino)
- AM 🇺🇾 ペニャロール 1925年7月28日(23) 185cm・-kg 4試合・3得点
アルシデス・ギジャ
(Alcides Ghiggia)
- RW 🇺🇾 ペニャロール 1926年12月22日(22) 169cm・-kg 4試合・4得点
エルネスト・ビダル
(Ernesto Vidal)
- LW 🇺🇾 ペニャロール 1921年11月15日(27) 168cm・-kg 3試合・0得点
ルベン・モラン
(Rubén Morán)
- LW 🇺🇾 CAセロ 1930年8月6日(18) 171cm・-kg 1試合・0得点
フリオ・ペレス
(Julio Pérez)
- CF 🇺🇾 CAリーベル・プレート 1926年6月19日() 174cm・-kg 4試合・1得点
オスカル・ミゲス
(Oscar Miguez)
- CF 🇺🇾 ペニャロール 1927年12月5日(21) 176cm・-kg 4試合・5得点
フリオ・セザール・ブリトス
(Julio César Britos)
- CF 🇺🇾 ペニャロール 1926年5月18日(23) NO DATA 0試合・0得点
ファン・ブルゲーニョ
(Juan Burgueño)
- CF 🇺🇾 ダヌービオ 1923年2月4日(26) NO DATA 0試合・0得点
カルロス・ロメロ
(Carlos Romero)
- CF 🇺🇾 ダヌービオ 1927年9月7日(21) NO DATA 0試合・0得点
ルイス・リーホ
(Luis Rijo)
- CF 🇺🇾 セントラル 1927年9月28日(21) NO DATA 0試合・0得点

監督

名前 国籍 生年月日
ファン・ロペス
(Juan López)
🇺🇾 1908年3月15日

 

ウルグアイ代表1950年W杯フォーメーション

基本フォーメーション

ウルグアイ代表1950年W杯フォーメーション

 

1950年W杯当時のキーマン

オブドゥリオ・バレラ|ペニャロール

 

この投稿をInstagramで見る

 

Emir Seguel(@emirseguel)がシェアした投稿

 

プロフィール

オブドゥリオ・バレラ
(Obdulio Varela)
生年月日:1917年9月20日
身長/体重:183cm・-kg
ポジション:CM
利き足:右足
所属クラブ:ペニャロール
代表通算:45試合・9得点

強烈な個性が光った初代闘将

現代のウルグアイにも通ずる激しいチャージと、強烈なリーダーシップでチームをまとめ上げた"El Negro Jefe(ブラックチーフ)"

フットボール史上最高のキャプテンの1人に数えられる闘将の冷静さと鼓舞がなければ、ギジャの逆転ゴールは生まれなかっただろう。

 

ファン・スキアフィーノ|ペニャロール

 

この投稿をInstagramで見る

 

Alexio Biacchi(@contefiele)がシェアした投稿

 

プロフィール

ファン・スキアフィーノ
(Juan Schiaffino)
生年月日:1925年7月28日
身長/体重:185cm・-kg
ポジション:AM
利き足:右足
所属クラブ:ペニャロール
代表通算:21試合・9得点

ウルグアイ史上最高の選手の1人

フランチェスコリ、フォルランとも肩を並べる、ウルグアイ史上最高の選手の1人

マラカナンでのブラジル戦では1ゴール・1アシスト、4年後のスイス大会でも4強入りに貢献するなど、大舞台になればなるほど力を発揮できる名手だった。

 

その他の歴代W杯優勝国はこちら↓

当サイトでは、第1回ウルグアイ大会からサッカー・ワールドカップ全大会の優勝国を紹介しています。

まとめ記事がありますので、気になる方はこちらからチェックしてみてください↓

サッカー・FIFAワールドカップ歴代優勝国一覧【1930〜2018】本記事は、「FIFAワールドカップ歴代優勝国」の選手名鑑・当時のキーマンなどをまとめたページとなります。幾多の名勝負・名場面を生んだフットボール最高の祭典の歴史を、ぜひ振り返ってみてください。...