ユース出身者

ラツィオ・ユース(下部組織)出身の名手たち

各チームの下部組織で育った名選手を年代順に紹介していくこのシリーズ。

今回は、ネスタやタソッティなど、ライバルのローマにも引けを取らないスター選手を輩出してきたラツィオユース出身の名手たち。

懐かしの選手からニューカマーまで、クラブの歴史を順を追って振り返っていきましょう。

ラツィオ・ユース(下部組織)出身の名選手10人

ヴィンチェンツォ・ダミーコ

 

この投稿をInstagramで見る

 

Vincenzo D'Amico(@vincenzodamicoofficial)がシェアした投稿 -

 

プロフィール

ヴィンチェンツォ・ダミーコ(Vincenzo D'Amico)
生年月日:1954年11月5日
身長/体重:173cm・70kg
利き足:右足
ポジション:RW
所属クラブ:ラツィオ、トリノ
代表チーム:イタリアB代表
ユース(下部組織):1970〜1971年

ラツィオ通算333試合出場を誇るレジェンドで、73/74シーズンに初めてセリエAを制した当時の優勝メンバー。

スピード・テクニックが融合したドリブルと正確なクロスで、絶対的エースであるキナーリャのゴールを引き出した。

 

ブルーノ・ジョルダーノ

 

この投稿をInstagramで見る

 

maurizio(@68maurizio)がシェアした投稿 -

 

プロフィール

ブルーノ・ジョルダーノ(Bruno Giordano)
生年月日:1956年8月13日
身長/体重:175cm・-kg
利き足:右足
ポジション:CF
所属クラブ:ラツィオ、ナポリ
代表チーム:イタリア代表
ユース(下部組織):1969〜1975年

クラブ通算111ゴールの記録を持つ、ラツィオを代表するストライカー。

ナポリ時代には、マラドーナ・カレカとの"Ma-Gi-Ca"コンビでゴールを量産し、クラブ史上初のスクデット獲得に貢献した。

 

マウロ・タソッティ

 

この投稿をInstagramで見る

 

90 Giorni di Gloria(@90giornidigloria)がシェアした投稿 -

 

プロフィール

マウロ・タソッティ(Mauro Tassotti)
生年月日:1960年1月19日
身長/体重:177cm・74kg
利き足:右足
ポジション:RSB
所属クラブ:ミラン、ラツィオ
代表チーム:イタリア代表
ユース(下部組織):1978年

マルディーニ、バレージ、コスタクルタと鉄壁のディフェンスラインを築き、ミランの黄金期を支えた右サイドバック。

不思議と代表には縁がなく、32歳でデビューと遅咲きだったが、イタリア屈指の名門で500試合以上出場した紛れもない名選手だった。

 

パオロ・ディ・カーニオ

 

この投稿をInstagramで見る

 

I Calciatori Della S.S LAZIO(@s.s_lazio_history)がシェアした投稿 -

 

プロフィール

パオロ・ディ・カーニオ(Paolo Di Canio)
生年月日:1968年7月9日
身長/体重:178cm・72kg
利き足:右足
ポジション:CF
所属クラブ:ラツィオ、ウェストハム
代表チーム:U-21イタリア代表
ユース(下部組織):1984年

数々のトラブルを巻き起こす一方、FIFAフェアプレー賞を受賞するなど、プロの鑑でもあった生粋のラツィアーレ。

ウェストハム時代にウィンブルドン戦で魅せたダイレクトボレーは、彼のスキルが凝縮された美しいスーパーゴールだった。

 

ルイジ・ディ・ビアージョ

 

この投稿をInstagramで見る

 

CalcioNostalgico(@calcio.nostalgico)がシェアした投稿 -

 

プロフィール

ルイジ・ディ・ビアージョ(Luigi Di Biagio)
生年月日:1971年6月3日
身長/体重:175cm・74kg
利き足:右足
ポジション:CM
所属クラブ:ローマ、インテル
代表チーム:イタリア代表
ユース(下部組織):1988年

ハードなディフェンスと、不屈のファイティングスピリッツを武器に、ローマやインテルなどで活躍した守備的MF。

175cmと小柄だがヘディングでのゴールも少なくなく、不意をついた強烈なパワーフリーキックも印象的だった。

 

フラビオ・ローマ

 

この投稿をInstagramで見る

 

acmilan_fanMX(@acmilan_fanmx)がシェアした投稿 -

 

プロフィール

フラビオ・ローマ(Flavio Roma)
生年月日:1974年6月21日
身長/体重:191cm・86kg
利き足:右足
ポジション:GK
所属クラブ:モナコ、ピアチェンツァ
代表チーム:イタリア代表
ユース(下部組織):1991〜1993年

デビュー当初は無名の存在だったが、ピアチェンツァ時代に出会ったデシャン監督の指導により、代表まで上り詰めた遅咲きのGK。

モナコでもタッグを組み、長年守護神として活躍。03/04シーズンにはクラブ初のCL決勝進出に貢献した。

 

アレッサンドロ・ネスタ

 

この投稿をInstagramで見る

 

Alessandro Nesta(@nesta)がシェアした投稿 -

 

プロフィール

アレッサンドロ・ネスタ(Alessandro Nesta)
生年月日:1976年3月19日
身長/体重:187cm・82kg
利き足:右足
ポジション:CB
所属クラブ:ラツィオ、ミラン
代表チーム:イタリア代表
ユース(下部組織):1985〜1993年

ラツィオユースが輩出した最高傑作で、イタリアサッカー史上最高峰のセンターバック。

統率力・対人守備・カバーリング・正確なフィード、怪我がちな点を除けば、すべてにおいて完璧なDFだった。

 

マルコ・ディ・バイオ

 

この投稿をInstagramで見る

 

@spazio_biancocelesteがシェアした投稿 -

 

プロフィール

マルコ・ディ・バイオ(Marco Di Vaio)
生年月日:1976年7月15日
身長/体重:180cm・76kg
利き足:右足
ポジション:CF
所属クラブ:パルマ、ボローニャ
代表チーム:イタリア代表
ユース(下部組織):1991〜1994年

貪欲にゴールを狙うだけでなく、サイドに流れてスペースメイクもできるムービング型のストライカー。

パルマやユベントスで活躍し、ボローニャ時代にはチーム総得点の半分以上となる24ゴール挙げ、得点王まであと一歩と迫った。

 

ジャンピエロ・ピンツィ

 

この投稿をInstagramで見る

 

@mondo_biancocelesteがシェアした投稿 -

 

プロフィール

ジャンピエロ・ピンツィ(Giampiero Pinzi)
生年月日:1981年3月11日
身長/体重:180cm・68kg
利き足:右足
ポジション:CM
所属クラブ:ウディネーゼ、キエーボ
代表チーム:イタリア代表
ユース(下部組織):1997〜1999年

2000年代のウディネーゼで主軸として活躍したプレイメーカー。

豊富な運動量と的確なポジショニングでチームのバランスを整え、効果的な攻め上がりで前線をサポートした。

 

ケイタ・バルデ・ディアオ

 

この投稿をInstagramで見る

 

I Calciatori Della S.S LAZIO(@s.s_lazio_history)がシェアした投稿 -

 

プロフィール

ケイタ・バルデ・ディアオ(Keita Baldé Diao)
生年月日:1995年3月8日
身長/体重:184cm・80kg
利き足:右足
ポジション:LW
所属クラブ:ラツィオ、インテル
代表チーム:セネガル代表
ユース(下部組織):2011〜2013年

バルサカンテラで育ち、ラツィオユースを経て、イタリアでその才能を開花させたドリブラー。

16/17シーズンには、インモービレに次ぐチーム2位の16ゴールを挙げ、スコアラーとしても非凡であることを証明した。

 

下部組織出身者だけでチームを組んでみた

ラツィオユースフォーメーション

 

▼GK
ローマ(ストラコシャ)
▼DF
ネスタ(ガッツィ)
マンフレドーニア(ドミッツィ)
タソッティ(デ・シルベストリ)
ペルーゾ(ピサーノ)
▼MF
カタルディ(ムルジャ)
ディ・ビアージョ(オナジ)
ダミーコ(ピンツィ)
ケイタ(フランチェスキーニ)
▼FW
ディ・カーニオ(ベルナルディーニ)
ジョルダーノ(ディ・バイオ)