ユース出身者

バイエル・レバークーゼン ユース出身の名手たち

各チームの下部組織で育った名選手を年代順に紹介していくこのシリーズ。

今回は、新たなドイツの皇帝ハベルツを輩出した、レバークーゼンユース出身の名手たち。

懐かしの選手からニューカマーまで、クラブの歴史を順を追って振り返っていきましょう。

レバークーゼン・ユース(下部組織)出身の名選手7人

クヌート・ラインハルト

 

この投稿をInstagramで見る

 

Bundesligaspieler 90/2000er(@buli_kracher)がシェアした投稿 -

 

プロフィール

クヌート・ラインハルト(Knut Reinhardt)
生年月日:1968年4月27日
身長/体重:181cm・78kg
利き足:左足
ポジション:LW
所属クラブ:レバークーゼン、ドルトムント
代表チーム:ドイツ代表
ユース(下部組織):1977〜1986年

トップチーム昇格2年目からスタメンを張り、レバークーゼンに初の国際タイトルをもたらした左サイドの職人。

ドルトムント移籍後はチーム黄金期の一員として活躍し、96/97シーズンにはCL制覇も経験した。

 

ティム・ヴィーゼ

 

この投稿をInstagramで見る

 

FOOTBALL RETRO STORIES(@football_stories_of_the_world)がシェアした投稿 -

 

プロフィール

ティム・ヴィーゼ(Tim Wiese)
生年月日:1981年12月17日
身長/体重:194cm・91kg
利き足:右足
ポジション:GK
所属クラブ:ブレーメン、カイザースラウテルン
代表チーム:ドイツ代表
ユース(下部組織):1989〜1999年

2000年代にバイエルンと熾烈な覇権争いを繰り広げた、ブレーメンの正ゴールキーパー。

難しいボールも弾き出す並外れた反射神経を武器に、攻撃色の強いチームを最後尾から盛り立てた。

 

レネ・アドラー

 

この投稿をInstagramで見る

 

René Adler(@reneadler)がシェアした投稿 -

 

プロフィール

レネ・アドラー(René Adler)
生年月日:1985年1月15日
身長/体重:191cm・85kg
利き足:右足
ポジション:GK
所属クラブ:レバークーゼン、ハンブルガーSV
代表チーム:ドイツ代表
ユース(下部組織):2000〜2003年

名手ブットからポジションを奪い、若くしてレバークーゼンのゴールマウスに君臨したエリート。

ただ、代表守護神定着する直前に怪我でW杯出場を辞退せざるを得なくなるなど、とにかく故障に泣いた名手だった。

 

ゴンサロ・カストロ

 

この投稿をInstagramで見る

 

Gonzalo Castro(@gonzocastro27)がシェアした投稿 -

 

プロフィール

ゴンサロ・カストロ(Gonzalo Castro)
生年月日:1987年6月11日
身長/体重:172cm・70kg
利き足:右足
ポジション:CM
所属クラブ:レバークーゼン、ドルトムント
代表チーム:ドイツ代表
ユース(下部組織):1999〜2004年

レバークーゼン、ドルトムントで活躍した頼れるユーティリティープレイヤー。

デビュー当初はSBだったが、チーム事情によってはシャドーストライカーも任されるなど、攻守に隙がない万能戦士だ。

 

ケビン・カンブル

 

この投稿をInstagramで見る

 

Kevin Kampl(@kevinkampl)がシェアした投稿 -

 

プロフィール

ケビン・カンブル(Kevin Kampl)
生年月日:1990年10月9日
身長/体重:178cm・66kg
利き足:右足
ポジション:CM
所属クラブ:ザルツブルク、RBライプツィヒ
代表チーム:スロベニア代表
ユース(下部組織):1999〜2009年

レバークーゼンユースからレンタル移籍を繰り返し、オーストリアで才能を開花させた"スロベニアのシュバイニー"

2017年には、クラブ史上最高額となる2,000万€でRBライプツィヒに加入。走れるゲームメーカーとして主力に定着した。

 

クリストフ・クラマー

 

この投稿をInstagramで見る

 

Christoph Kramer Fanpage(@christoph.kramer.fanpage)がシェアした投稿 -

 

プロフィール

クリストフ・クラマー(Christoph Kramer)
生年月日:1991年2月19日
身長/体重:191cm・76kg
利き足:右足
ポジション:CM
所属クラブ:ボルシアMG
代表チーム:ドイツ代表
ユース(下部組織):2000〜2006年、2008〜2011年

90分ピッチを駆け回る運動量と、長身を活かした空中戦の強さを武器に、最終ライン前の防波堤となる守備的MF。

2014年ブラジルW杯では、ケディラの控え・守備固め要員として機能。ドイツ4度目の世界制覇に貢献した。

 

カイ・ハベルツ

 

この投稿をInstagramで見る

 

Kai Havertz 💥⚽️✌🏼(@kaihavertz29)がシェアした投稿 -

 

プロフィール

カイ・ハベルツ(Kai Havertz)
生年月日:1999年6月11日
身長/体重:189cm・82kg
利き足:左足
ポジション:AM
所属クラブ:レバークーゼン
代表チーム:ドイツ代表
ユース(下部組織):2010〜2016年

レバークーゼンユース最高傑作で、若手ながらすでにレジェンドクラスの風格もあるドイツの新たな至宝。

エジルのような華麗なボール捌きに、バラックを彷彿とさせるダイナミズムも併せ持つ未来のバロンドール候補だ。

 

下部組織出身者だけでチームを組んでみた

レバークーゼンユースフォーメーション

 

▼GK
アドラー(ヴィーゼ)
▼DF
ライナルツ
コール(カールセン=ブラッカー)
ヘンリヒス(ダ・コスタ)
オツィプカ
▼MF
カストロ(ヘーガー)
クラマー(ヘゲラー)
カンプル(リッセ)
ラインハルト(ドレクスラー)
ハベルツ
▼FW
ラソッガ