ユース出身者

トッテナム・ユース(下部組織)出身の名手たち

各チームの下部組織で育った名選手を年代順に紹介していくこのシリーズ。

今回は、ウィンクスや絶対エースのケインといった現チームの主軸を中心に、次々と若手タレントが台頭しているトッテナムユース出身の名手たち。

懐かしの選手からニューカマーまで、クラブの歴史を順を追って振り返っていきましょう。

トッテナム・ユース(下部組織)出身の名選手10人

グレアム・スーネス

 

この投稿をInstagramで見る

 

Peppe B.(@alltimevintage_soccer_stars)がシェアした投稿 -

 

プロフィール

グレアム・スーネス(Graeme Souness)
生年月日:1953年5月6日
身長/体重:180cm・-kg
利き足:右足
ポジション:CM
所属クラブ:リバプール、ミドルスブラ
代表チーム:スコットランド代表
ユース(下部組織):1968〜1972年

ダルグリッシュ、イアン・ラッシュらと共に、リバプール黄金期の主力として活躍したレジェンド。

ハードなディフェンスと芸術的なスルーパスを武器に、強力FW陣のゴールラッシュを演出した。

 

イアン・ウォーカー

 

この投稿をInstagramで見る

 

There Once Was A Spur(@thereoncewasaspur)がシェアした投稿 -

 

プロフィール

イアン・ウォーカー(Ian Walker)
生年月日:1971年10月31日
身長/体重:185cm・86kg
利き足:右足
ポジション:GK
所属クラブ:トッテナム、レスター
代表チーム:イングランド代表
ユース(下部組織):1989年

90年代のトッテナムで正守護神を務め、レスター移籍後はチームのプレミア昇格にも貢献した元イングランド代表。

今と違って優勝争いとは無縁のチーム状況だったが、至近距離からのシュートを尽くストップし、多くのピンチを救ってきた。

 

ニック・バーンビー

 

この投稿をInstagramで見る

 

Player History 101(@playerhistory101)がシェアした投稿 -

 

プロフィール

ニック・バーンビー(Nick Barmby)
生年月日:1974年2月11日
身長/体重:170cm・71kg
利き足:左足
ポジション:LW
所属クラブ:ハル、エバートン
代表チーム:イングランド代表
ユース(下部組織):1990〜1992年

MFながら高い得点力を備え、攻撃的なポジションならどこでもこなせるユーティリティープレイヤー。

その器用さは多くのクラブで重宝され、トッテナムのみならず、リバプールやエバートン、ハル・シティでも活躍した。

 

ソル・キャンベル

 

この投稿をInstagramで見る

 

Peppe B.(@alltimevintage_soccer_stars)がシェアした投稿 -

 

プロフィール

ソル・キャンベル(Sol Campbell)
生年月日:1974年9月18日
身長/体重:189cm・91kg
利き足:右足
ポジション:CB
所属クラブ:トッテナム、アーセナル
代表チーム:イングランド代表
ユース(下部組織):1989〜1992年

トッテナムユース時代はFWだったが、DFにコンバートされたのをきっかけに、プレミア屈指のCBへと成長したフィジカルモンスター。

キャリア全盛期は、最大のライバルであるアーセナルへ移籍。03/04シーズンには、守備の要としてチームの無敗優勝に貢献した。

 

レドリー・キング

 

プロフィール

レドリー・キング(Ledley King)
生年月日:1980年10月12日
身長/体重:188cm・85kg
利き足:右足
ポジション:CB
所属クラブ:トッテナム
代表チーム:イングランド代表
ユース(下部組織):1996〜1999年

ユース時代を含め16年、キャリアすべてをチームに捧げたトッテナムのバンディエラ。

晩年は怪我で満足のいくプレーはできなかったが、屈強なフィジカルで相手FWを封殺し、キャプテンとしてチームをまとめ上げた。

 

ピーター・クラウチ

 

この投稿をInstagramで見る

 

Coys News(@coys__news)がシェアした投稿 -

 

プロフィール

ピーター・クラウチ(Peter Crouch)
生年月日:1981年1月30日
身長/体重:201cm・75kg
利き足:右足
ポジション:CF
所属クラブ:ストーク、リバプール
代表チーム:イングランド代表
ユース(下部組織):1995〜1998年

201cmの長身から繰り出されるヘディング、ポストプレーを武器に、リバプールやストークで活躍したCF。

ゴールパフォーマンスの"ロボットダンス"を編み出し、時折みせるアクロバットなゴールでファンを沸かせる人気選手だった。

 

アンドロス・タウンゼント

 

この投稿をInstagramで見る

 

Andros Townsend(@androstownsend)がシェアした投稿 -

 

プロフィール

アンドロス・タウンゼント(Andros Townsend)
生年月日:1991年7月16日
身長/体重:181cm・77kg
利き足:右足
ポジション:RW
所属クラブ:クリスタル・パレス、トッテナム
代表チーム:イングランド代表
ユース(下部組織):2000〜2009年

重心の低いスピードあふれるドリブルで局面を前に進め、隙があれば強烈なミドルを叩き込むウインガー。

18/19シーズンのシティ戦でみせたスーパーボレーは、プレミア年間最優秀ゴールに選出された。

 

ハリー・ケイン

 

この投稿をInstagramで見る

 

Harry Kane(@harrykane)がシェアした投稿 -

 

プロフィール

ハリー・ケイン(Harry Kane)
生年月日:1993年7月28日
身長/体重:188cm・75kg
利き足:右足
ポジション:CF
所属クラブ:トッテナム
代表チーム:イングランド代表
ユース(下部組織):2004〜2009年

トッテナムユースが生んだ最高傑作で、2度のプレミア得点王に輝いた世界最高峰のゴールハンター。

近年はクラブの副主将、代表では主将を務めるなどリーダーシップも発揮。限りなく完全無欠に近い正真正銘のスーパースターだ。

 

ハリー・ウィンクス

 

この投稿をInstagramで見る

 

Harry Winks(@harrywinks)がシェアした投稿 -

 

プロフィール

ハリー・ウィンクス(Harry Winks)
生年月日:1996年2月2日
身長/体重:178cm・65kg
利き足:右足
ポジション:CM
所属クラブ:トッテナム
代表チーム:イングランド代表
ユース(下部組織):2002〜2014年

中盤の底でシンプルにテンポよくボールを捌き、攻撃を組み立てるNEWキャリック。

スパーズのスタメンに定着し、マンチェスター両雄が興味を示すなど存在価値は日々高まっており、ケインやアリと並ぶトッテナムの顔に成長する可能性も。

 

オリバー・スキップ

 

この投稿をInstagramで見る

 

Oliver Skipp(@oliver.skipp)がシェアした投稿 -

 

プロフィール

オリバー・スキップ(Oliver Skipp)
生年月日:2000年9月16日
身長/体重:175cm・70kg
利き足:右足
ポジション:CM
所属クラブ:トッテナム
代表チーム:U-21イングランド代表
ユース(下部組織):2013〜2018年

ケインやスーネスを輩出したトッテナム下部組織が自信を持って送り出す、次世代のニュースター候補。

10代の選手とは思えない落ち着いたプレーをみせ、前指揮官のポチェッティーノも「30歳のようだ」と絶賛した。

 

下部組織出身者だけでチームを組んでみた

トッテナムユースフォーメーション

 

▼GK
ウォーカー(マーティン)
▼DF
キング(コーカー)
キャンベル(ヴェリコビッチ)
スティーブン・カー(ルーク・ヤング)
ユーリ(タンガンガ)
▼MF
ウィンクス(リバーモア)
スーネス(ベンタレブ)
タウンゼント(フレデリクス)
バーンビー(ウェルラー)
▼FW
ディクソン(プリチャード)
ケイン(クラウチ)