ユース出身者

アーセナル・ユース(下部組織)出身の名手たち

各チームの下部組織で育った名選手を年代順に紹介していくこのシリーズ。

今回は、キーオンやアシュリー・コール、ウィルシェアら、好タレントを次々とトップチームへ送り込んでいるアーセナルユース出身の名手たち。

懐かしの選手からニューカマーまで、クラブの歴史を順を追って振り返っていきましょう。

アーセナル・ユース(下部組織)出身の名選手10人

チャーリー・ジョージ

 

この投稿をInstagramで見る

 

Arsenal FC(@arsenalfootballclub1886)がシェアした投稿 -

 

プロフィール

チャーリー・ジョージ(Charlie George)
生年月日:1950年10月10日
身長/体重:180cm・-kg
利き足:右足
ポジション:CF
所属クラブ:アーセナル、ダービー
代表チーム:イングランド代表
ユース(下部組織):1966〜1968年

"キング・オブ・ハイバリー"と呼ばれた、アーセナルの伝説的ストライカー。

リバプールの名GKクレメンスの牙城を破り、クラブに初の2冠をもたらした70/71FAカップでの決勝ゴールは、今でもファンの心に強く刻まれている。

 

リアム・ブレイディ

 

この投稿をInstagramで見る

 

@the_legends_of_sportsがシェアした投稿 -

 

プロフィール

リアム・ブレイディ(Liam Brady)
生年月日:1956年2月13日
身長/体重:174cm・-kg
利き足:左足
ポジション:AM
所属クラブ:アーセナル、ユベントス
代表チーム:アイルランド代表
ユース(下部組織):1971〜1973年

"チッピー"の愛称で親しまれたアイルランド史上屈指の名MF。

小刻みなドリブルと卓越したゲームメイクで、アーセナルのFAカップ制覇に貢献。79年にはPFA年間最優秀選手賞に選ばれ、その後はユベントスやインテルでも活躍した。

 

トニー・アダムス

 

この投稿をInstagramで見る

 

Tonyadamsofficial(@tonyadamsofficial)がシェアした投稿 -

 

プロフィール

トニー・アダムス(Tony Adams)
生年月日:1966年10月10日
身長/体重:191cm・83kg
利き足:右足
ポジション:CB
所属クラブ:アーセナル
代表チーム:イングランド代表
ユース(下部組織):1983年

キャリアすべてをロンドンで過ごし、クラブ史上もっとも偉大なキャプテンにも名を連ねる"ミスター・アーセナル"

83年の入団から02年に引退するまで、プレミアリーグ4回、FAカップ3回など数多くのタイトルに貢献した正真正銘のレジェンドだ。

 

アンディ・コール

 

この投稿をInstagramで見る

 

Andrew Cole(@andycole09)がシェアした投稿 -

 

プロフィール

アンディ・コール(Andy Cole)
生年月日:1971年10月15日
身長/体重:178cm・78kg
利き足:右足
ポジション:CF
所属クラブ:マンチェスター・U、ブラックバーン
代表チーム:イングランド代表
ユース(下部組織):1988〜1989年

ユナイテッドでの活躍が強烈すぎるためイメージはつきにくいが、実はアーセナル下部組織出身の名FW。

コンビを組んだヨークとの2トップは"ホットセット"と呼ばれ、ユナイテッドのトレブルなど、多くのタイトルに貢献した偉大なストライカーの1人だ。

 

レイ・パーラー

 

この投稿をInstagramで見る

 

EdmundWorrell1(@edmundworrell1)がシェアした投稿 -

 

プロフィール

レイ・パーラー(Ray Parlour)
生年月日:1973年3月7日
身長/体重:183cm・71kg
利き足:右足
ポジション:CM
所属クラブ:アーセナル、ミドルスブラ
代表チーム:イングランド代表
ユース(下部組織):1989〜1992年

92年にデビューし、後の名将ヴェンゲル就任から、無敗優勝を果たした03/04シーズンを知る数少ない1人。

派手さはないが、堅実で確実を約束するプレースタイルから"ロムフォードのペレ"と呼ばれ、多くのファンに愛された名手だった。

 

アシュリー・コール

 

この投稿をInstagramで見る

 

Who Am I?(@who.am.i.footballer)がシェアした投稿 -

 

プロフィール

アシュリー・コール(Ashley Cole)
生年月日:1980年12月20日
身長/体重:176cm・66kg
利き足:左足
ポジション:LSB
所属クラブ:チェルシー、アーセナル
代表チーム:イングランド代表
ユース(下部組織):1997〜1999年

若くして名門アーセナルのスタメンを張り、20代前半で世界最高峰の地位を確率した、イングランド史上屈指のサイドバック。

チェルシー移籍後もコンスタントな活躍を重ね、イングランド代表では、史上7人目の通算100試合出場を達成した。

 

ヴォイチェフ・シュチェスニー

 

この投稿をInstagramで見る

 

Foba Football(@fobafootball)がシェアした投稿 -

 

プロフィール

ヴォイチェフ・シュチェスニー(Wojciech Szczęsny)
生年月日:1990年4月18日
身長/体重:195cm・84kg
利き足:右足
ポジション:GK
所属クラブ:アーセナル、ユベントス
代表チーム:ポーランド代表
ユース(下部組織):2006〜2009年

ブッフォンの後継という難しいタスクを完璧に遂行し、ユベントスの守護神に定着したポーランド代表。

アーセナル時代から定評のあったシュートストップに加え、近年は安定感が増し、世界有数のGKへと成長した。

 

ジャック・ウィルシェア

 

この投稿をInstagramで見る

 

Jack Wilshere(@jackwilshere)がシェアした投稿 -

 

プロフィール

ジャック・ウィルシェア(Jack Wilshere)
生年月日:1992年1月1日
身長/体重:172cm・68kg
利き足:左足
ポジション:CM
所属クラブ:アーセナル、ウェストハム
代表チーム:イングランド代表
ユース(下部組織):2001〜2008年

全盛期は、パスセンス、ゴール前の精度、献身性、どれも一級品だった"ガナーズ版スコールズ"

とにかく怪我が多く、シーズン30試合以上出場したのは10/11の一度だけ。ガラスの天才は、再び極上の輝きを取り戻すことができるのか…。

 

セルジュ・ニャブリ

 

この投稿をInstagramで見る

 

Serge Gnabry(@sergegnabry)がシェアした投稿 -

 

プロフィール

セルジュ・ニャブリ(Serge Gnabry)
生年月日:1995年7月14日
身長/体重:175cm・75kg
利き足:右足
ポジション:LW
所属クラブ:バイエルン、ブレーメン
代表チーム:ドイツ代表
ユース(下部組織):2011〜2013年

イングランドではうまくいかなかったが、ドイツ帰還後に才能が開花し、ワールドクラスへと進化を遂げたアタッカー。

一度ハマると手がつけられない爆発力を秘め、19/20シーズンのCLトッテナム戦では、1試合4ゴールの離れ業をやってのけた。

 

イスマエル・ベナセル

 

この投稿をInstagramで見る

 

Ismael Bennacer(@ismaelbennacer)がシェアした投稿 -

 

プロフィール

イスマエル・ベナセル(Ismaël Bennacer)
生年月日:1997年12月1日
身長/体重:175cm・70kg
利き足:左足
ポジション:CM
所属クラブ:ミラン、エンポリ
代表チーム:アルジェリア代表
ユース(下部組織):2015年

ニャブリがドイツで開花したなら、イタリアで花開いたのがベナセルだ。

エンポリのレジスタとして活躍し、アフリカ選手権2019では大会MVPに選出。見事ミランへとステップアップ移籍を果たした。

 

下部組織出身者だけでチームを組んでみた

アーセナルユースフォーメーション

 

▼GK
シュチェスニー(マルティネス)
▼DF
キーオン(ジュルー)
アダムス(オレアリー)
ベジェリン(ライト)
アシュリー・コール(ギブス)
▼MF
ウィルシェア(ベナセル)
パーラー(コクラン)
マーソン(ラーション)
ブレイディ(ケネディ)
▼FW
ジョージ(アンディ・コール)
ニャブリ(ベントナー)